コピーライターが一皮むけるために、早い段階で受け入れたほうがいいこと

 

今日は久しぶりに、ちゃんとコピーライターの話。というか、自分の駆け出し時代に戻って、そっと耳元でささやいてあげたい、そんな話です。

コピーライターが一皮むけるために、早い段階で受け入れたほうがいいこと。なんとなく想像つきますよね、そうです、それです。それを一回まとめておきます。

 

自分は、天才じゃないってこと

まずはこれです。「なんで、そんなことわかるんだ!」と思うでしょうか。そうですね、わたしはあなたに会ったことも、書いたコピーを見たこともありません。

でも、断言しましょう。コピーライティングの天才なんていません。天才の定義が、「生まれ備わった、並外れた才能。」だとするなら、コピーの世界で、そんな人間がいないことは想像つきますよね。

じゃ、「ずば抜けた才能とセンスを有する人」だとしましょうか。これでも、わたしはいないと思います。少なくとも、これまでに出会ったことはありません。

 

「あぁ、この人はスゴイな、伸びるだろうな。」という人は、例外なく、めちゃくちゃ努力しています。若い時期はもちろん、ある程度キャリアを積んだ後でもです。

認めたくないかもしれませんが(特に若いときは)、あなたもわたしも天才ではありません。だからこそ、努力しましょう。天才にはなれなくても、近づくことはできるはずです。

 関連  コピーライターになるために、センスは必要か?

 

思い付きで、コピーは書けないってこと

天才でないことは早々に認めましたが、わたしの場合、これがなかなか腹の底から受け入れられませんでした(いまでも油断したら、怪しいもんです)。

ここで何度も書いてるんで、そんな風に思ってる人は少ないでしょうが、コピーライティングはサッと考えて、スラっと書いて、はい出来上がりのようなものではありません。絶対に。

 

 

「いや、でも糸井重里さんとか、そんな感じだったって聞くよ。原稿用紙にサッと一行書いて100万円とか」。随分昔のイメージですが、当時だって、糸井さんだってそんなことはあり得ません。

表に出さないだけで、めちゃくちゃ情報収集してます(普段も含めて)。すごく感度のいいアンテナ張って、脳内で高速インプット&アウトプットしてます。

そう、一行を書くまでに、深いところまで潜って、核をつかんで、わかりやすく編集して届けてるんです。それが頭の中でできないなら、調べて、書いて、叩いてを繰り返すしかありません。

 関連  これがコピーライターの仕事、一本のコピーはこうして生まれる

 

真似ることで、上手くなるってこと

これも、全力で言ってあげたいですね。あの頃のわたしは、「でも、他のコピー見ちゃったら、似ちゃうしな」「だったら、いっそ全く見ないってのもありかもな」なんて思ってました。

もう、「バーーーカ!なに、カスみたいな理屈こねてんだ。早くコピー年鑑とか見まくって、毎日写経して、トレーニングしろよ。バカバカバカ!」ですね。

 

ここが、受け入れるのが難しいとこなんですが。広告などのクリエイティブを「ゼロから生み出すもの」と思ってる人が案外多いです。

また、断言しましょう。この世にもう、ゼロから生み出すものなんてありません。世の中を、暮らしをガラッと変えたスマートフォンだって、PCと電話を組み合わせたものですからね。

どれだけ革新的なアイデアも、すべて既存のモノの組み合わせです。既存のモノとあなたの感覚とを掛け合わせて、どうアイデアとして昇華させるかが勝負なんです。コピーももちろん同じです。

 関連  コピーなどのクリエイティブは、ゼロから生み出すわけではない

 

まとめ

以上、コピーライターが一皮むけるために、早い段階で受け入れたほうがいいことでした。

  • 自分は、天才じゃないってこと
  • 思い付きで、コピーは書けないってこと
  • 真似ることで、上手くなるってこと

 

コピーライターに限らず、デザイナー、プランナー、あらゆる広告・Webクリエイターの参考になると思うんで、覚えておいてください。

別にわたしだけじゃなく、いろんなクリエイターが言ってることです。腹の底から受け入れて、ブレイクスルーしましょう。そういや、こんな本もありますね(まだ、読んでませんが)。

¥670 (2019/05/21 21:02:32時点 Amazon調べ-詳細)

 

こんな記事も読まれています

コピーライターの神様と称される大御所!仲畑貴志さんの仕事

勘では書けない!コピーライターに求められる論理的な思考とは?

いいコピーをたくさん見よう!名作コピーを集めた5冊

 

この記事が気に入ったら