実際に読んで、いいなと思った本をご紹介します。ことはの読書録です(随時、追加中)。

ことは2

コピーライターや目指す方に読んでほしい本が中心ですが、単純におもしろい本も紹介します! 衣・食・住などのアイテムはこちら

 

2018年

さすが、伊賀泰代さんの本はおもしろいです。工場などでは日常的に取り組まれている「生産性の向上」が、なぜか“ホワイトカラー”と言われる知的労働部門ではおざなりになっている。「仕事ができる」とは、つまるところ「生産性が高いこと」である。働き方改革が叫ばれる今の時代、全ビジネスパーソン(いや学生も、奥さんも)必読の一冊です。

 

だいぶ古い本ですが、めちゃくちゃおもしろかったです。「ほぼ日」ファンの方には既知の内容でしょうが、あまり知らなかった(ちょっと距離を置いていた?)わたしは、ワクワクしながら読めました。糸井さんによる「ほぼ日運営奮闘記」です。おもしろい!

→ 長い年月を経て、コピーライター糸井重里さんにリンクした(わたしの中で)

 

¥1,404 (2018/07/22 09:01:21時点 Amazon調べ-詳細)

文章の書き方が体系的にまとめられています。そこまで目新しいことはなかったですが、これからライティングの仕事を始めようという方には、おすすめです。わかりやすい、伝わりやすい文章が一番なんだという筆者の信念が伝わってきました。

 

¥1,620 (2018/07/22 09:12:18時点 Amazon調べ-詳細)

相当、おもしろかったです。採用基準とはつまり「リーダーシップ」のことです。リーダーシップをどう捉えるか、具体的にはどうするってことか、極めて論理的に書かれています。わたしはもう組織で働く人間ではないですが、誰かに人生を委ねないようにするには、自分の中にリーダーシップを持たねばと痛感しました。すべてのビジネスパーソンにおすすめです。

 

コピーライターの岡本欣也さんが書かれた本です。古今東西、とにかくコピーの例が豊富に掲載されています。わたしも、1~2割くらい知らないものがありました。それを見るだけでもおもしろいです。コピーの知見が広がる、そんな一冊です。

 

格闘ゲーム界で「神」と称されるプロゲーマー、梅原大吾さんの著作です。「本当に自信があるからこそ、ここまで言えるんだろうな」という、強い言葉が並びます。世界で頂点を極め、今も勝負に生きる男の生き様に、ちょっとだけ泣きそうになりました。

 

スピードが求められる現代に欠かせない「生産性」について書かれた本です。著者は、生産性を上げるために「まず、絶対無理(だと思われる)な業務量を課すこと」が大事だと説きます。過労が社会問題となっている昨今ですが、さてその真意とは?

 

社会派ブロガーちきりんさんと日本初のプロゲーマー梅原大吾さんの対談本です。学校エリート(からの著名ブロガー)×学歴コンプレックス(からの世界No.1プロゲーマー)、この異文化セッションがおもしろい。ちきりんさんはもちろん、梅原さんの言語化能力に注目です。

人生に迷ったとき、ぜひ手に取ってほしい一冊『悩みどころと逃げどころ』

 

¥1,844 (2018/07/22 13:57:06時点 Amazon調べ-詳細)

かなり有名な本ですね。基礎的な部分から丁寧に書かれているので、これからコピーライターを目指す方にぴったりだと思います。小難しい理屈はほとんど出てこないので、とても読みやすいですよ。コピーライティングの入門書としてどうぞ。下記は関連記事です。

→ できるコピーライターは気配を消して、いつのまにか読み手の心をつかんでる

→ あなたも知らないうちについているかも!?広告コピーには、3つの嘘がある

 

このサイトでもよく言う「ビジネス感覚」に近い話です。コピーライターはただの言葉好きでは務まりません。クライアントが時代をどう読んで、何を売ろうとしているのか?この勘所が悪いと勝負になりません。この先を生き抜くコピーライターにおすすめの一冊です。

 

ちきりんさんのツイート集です。すごいですね、ツイートを集めたら本になるなんて。他にもこういう類の本ってあるんでしょうか。たしか1ページに数個のツイートが載っていて、当たり前ですがサクッと読めます。気になるものは、スマホで撮りました。

 

ほとんど海外へ行ったことがないわたしには、発見があっておもしろかったです。もっと広い世界を見たくなる、自分のまわりの狭い世界から飛び出したくなる、そんな一冊です。小難しい内容ではないので、旅行記やエッセイのような感覚で読めますよ。

 

個人的にはちきりんさんの著作の中で、一番読むのに頭を使いました。自分ではどれだけ「論理的に考えている」と思っていても、そうでもないってことでしょうね。思考する土台が学べる、そんな一冊です。その証拠に(?)、この後の本はスムーズに入ってきました。

 

著者のブログ「Chikirinの日記」のエントリをベースに改訂した内容です。すべてのエントリを遡って読むのは大変なので、重要なものをピックアップしてくれているのはありがたいです。ちなみに、中盤はそんなにゆるくありません(笑)。でも、読みごたえは抜群です。

 

ブログを書こう、Webサイトを運営しようと思っている方におすすめです。月間200万pvを誇る『Chikirinの日記』の著者が、どんな考え方や方針でブログ運用しているかがわかります。ちなみに、ブログの開設手順など技術的なことは載っていません(ネットでいくらでも拾えます)。

2017年

¥1,543 (2018/07/22 13:57:08時点 Amazon調べ-詳細)

わたしが初めて読んだマーケティングの本です。その世界では、かなり有名だと思います。「素人がイタリアンレストランを開店する、さてどうするか?」というストーリーを軸に話が進んでいくので、読みやすいですよ。ざっくりとですが、ビジネスで大事なことが学べます。

 

最近読んだ自己啓発(?)系の本の中では、一番おもしろかったです。ブログ運営界隈で話題だったんですが、すべてのビジネスパーソンにとって学びのある内容だと思います。特に印象に残った一文はこちら「絶対にイエスだと言いきれないなら、それはすなわちノーである。」

 

気合いに頼らずに、脳のパフォーマンスを上げて、成果を出そうという本です。「重めのタスクは、まず5分だけ手を付けてみる」など、よく実践しています。心理的なハードルを下げるんですね。いろいろ考えてしまうと、動き出せなくなる感覚がある方におすすめです。

 

仕事をお探しの方はこちら

チャンスをつかもう!【未経験歓迎】コピーライターの新着求人 7/22更新!

次のステージへ【経験者向け】コピーライターの新着求人 7/19更新!

高時給!未経験歓迎も【派遣】コピーライターの新着求人 7/20更新!

とにかく経験を積むなら【アルバイト】ライター系の新着求人(関東のみ)

 

注目の求人特集はこちら

広告代理店多数!【特集】大手・上場企業のコピーライター求人

あなたの活躍を応援!【特集】女性が働きやすい会社の求人

もう一つ上を目指す【特集】クリエイティブディレクターの求人

 

「なるほど」「いいね」
と思ったら↓

Twitter で

 

最新のトピック

Q&A|マナー広告のコピーを書きたいのですが、どんな入口からキャリアを積むべきでしょうか?|初めて投稿します。お気に入り登録をして、いつも…つづきを読む

> コラム一覧へ

クリエイティブ専門の転職支援!マスメディアン

マスメディアン

広告・Web業界に特化した転職エージェントです(「宣伝会議賞」を主催する宣伝会議が運営)。

最大の特長は、キャリアコンサルタントが転職活動をサポートしてくれること。応募書類の書き方から、ポートフォリオ(作品集)の作り方まで、プロのアドバイスが無料で受けられます。

社会人の転職には欠かせない!DODA

DODA

非公開求人の豊富さ(全体の80~90%)が特長。「非公開求人にこそ、あなたのキャリアにベストマッチの求人が見つかるかも」と謳うほどです。

サービスの利用は、すべて無料。キャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当、2人の転職のプロから内容の濃いサポートが受けられます。

求人・サービスともに質が高い!マイナビクリエイター

マイナビクリエイター

マスコミに強いマイナビが運営する、経験者を対象にした転職エージェント。他ではまず見かけない求人が出ているので、非公開求人にも期待できます。

クリエイター出身のキャリアアドバイザーだからできる、きめ細やかなフォロー(無料)。求人保有数も業界トップクラスです。