コピーライター、お風呂でテレビを観る。~小さな情報収集革命~

 

最近、お風呂でテレビを観ています。

「コピーライターって、そんないいマンションに住んでるの!?」と思われるかもしれませんが、ビルトインじゃありません。防水仕様のを買ったんです。

10インチとコンパクトですが、お風呂にはちょうどいいサイズです(15インチもあります)。録画機能も付いてるプライベートビエラ(3万円ちょっと)です↓

 

そんな話を知り合いのデザイナーにしたら「お風呂くらいゆっくりしたいわ」と言われました。「たしかに…」と思いつつも買いました。

若い頃に比べて、テレビを観る時間は随分減りましたが(ネットにシフトしたのも大きいです)、どうしてもチェックしたい番組があるんです。主に経済系の番組ですが、これらを自分の都合のいい、しかも空き時間に観たい。

 

一週間ほど試しましたが、いい感じです。これまでお風呂では、ラジオを聴いたりしてたんですが、一気に情報収集の質と効率が上がった気がします。ポイントは以下です。

  • 好きな時間に観れる
  • CMをスキップできる
  • 1.3倍速で観られる

 

オンタイムの放送を観れば済む話なんですが、その時間帯にはベッドで本を読んで、0時には眠りたいんです(フリーランスにとって、生活リズムの固定化は重要です)。

ときどきCMスキップの箇所が変だったり、1.3倍速じゃもの足りなかったりと、少々の難点はありますが、補って余りあるメリットがあります。

特に1.3倍速で観られるのは新鮮で、WBSならざっと35分くらいでチェックできます。昨日はその後に、「ブラタモリ」を観たんですが、草彅さんのナレーションがものすごくスローに感じました(笑)

10分ほどすれば慣れてきますが、耳って不思議なもんです。1.3倍速を体感してみたい方は、下記のサイトをどうぞ。登録は必要ですが、5月末まで無料でお試しできます。

テレビ東京ビジネスオンデマンド

 

<前の日コラムTOPへ | 次の日>

 

この記事が気に入ったら