『半分、青い。』に、コピーライターを目指していたあの頃を思い出す

 

最近、ちらちらっとですが『半分、青い。』を観ています。北川悦吏子さん脚本、永野芽郁さん主演、NHKで現在放送中の朝ドラです。

漫画家を目指して上京した主人公が、今ちょうどデビューしたあたり。師匠に就いて、一緒に漫画家を目指す仲間と暮らして、泣いて笑ってケンカして、そんな感じです。

まぁ、朝ドラには時々あるかなって感じのストーリーですが、ちょっといいんです。何だろな、何が気になるんだろと思ってたんですが、わかりました。

 

それは、「青春感」です。

もっと言えば、コピーライターを目指して、師匠のような人がいて、先輩がいて、失敗ばっかりして、でもなんとか一人前になりたいと思っていたあの頃がオーバーラップするんです。

もちろん、ドラマにようにキラッキラッした毎日じゃなかったです。『半分、青い。』がスカイブルーのフィルターにかかっているなら、薄いグレーのモヤがかかった毎日でした。

 関連  今だから話せる!?これはきつかったコピーライターの仕事ワースト3

 

不思議なもんで、その渦中にいるときは、いまが「夢に向かって、階段を上ってる途中だ(≒青春)」とは気づかないもんなんです(わたしが鈍いだけ?)

毎日毎日、覚えることばっかり。コピーを書いても書いても、上司や先輩からは、ダメ出しばっかり。それでも、次から次へと仕事はやってくるんで、とにかく前に進むしかない。

まぁ、わたしはもうちょっとのんびりしてましたが、だいたいそんな毎日でした。加えて、20代ならプライベートもゴタゴタするから大変です(笑)

 関連  絶対にマネしないでほしい、わたしの新人時代のコピーライティング

 

てなわけで、きっとみなさんはコピーライターを目指しているか、コピーライターとしてスタートを切ったか、転職を考え人生の岐路に立っているか、青春ど真ん中なはず。

きっと、いろいろあるでしょうが大丈夫。想像以上に騒がしい未来がやってきてるでしょうが、大丈夫。先輩もわたしも、あの有名クリエイターも、みんなそうしてきました。

わたしだって、今まさにWebサイト運営に奮闘中です。やっとつかまり立ちしたかなくらいの赤ちゃんです。いっしょに頑張っていきましょう。今日も、一歩一歩です。

 関連  できたことに目を向ける。一日ひとつ、新しいスキルを手に入れる

 関連  わたしはこうしてきた!転職するべきかどうか、迷ったときの判断基準

 

<前の日コラムTOPへ | 次の日>

 

この記事が気に入ったら