この記事を読んでいるあなたは、きっとぼんやりでも転職を考えはじめているでしょう。あるいは、今の職種からコピーライターへ転職しようか迷っているのかもしれません。

わたしは、これまでに(独立も含めて)3回転職を経験しました。

どの場合も、ものすごく迷いました。特にコピーライターとして転職した2回は、迷いに迷いました。今日はそんな経験から、あなたに贈るアドバイスです。

 

まずは、努めて冷静に自己分析

転職を考えはじめている時点で、少し心が弱っている場合が多いです。人は何も思うところがなければ、大きく環境を変えようとは思いませんからね。

業務がハードだけど、その割には報われないな。自分がやりたかったことって、こんなことだっけ?もっと違う場所なら望むようなことができるのかな…

 

一方でこんな風にも思っているはずです。せっかく手にしたコピーライター職、ここを辞めて雇ってくれるところなんてあるかな。また一から人間関係を構築するのも大変だし…

そう思って数か月、いや長い場合には数年。ズルズルと、悪く言えば惰性で今の環境に甘んじてしまう。これまで、そういった方をたくさん見てきました。

 

しかし、こうして逡巡して、あれこれ迷って考えた上で、一つの会社に居続けるのも否定しません。長く続けなければ、見えないこともあります。会社から受けた恩もあるでしょう。

きっと人にはそれぞれコップがあり、そこに不満や違和感が溜まっていきます。これがいっぱいになって溢れると、いよいよ限界だってことです。

 

転職するべきか、残るべきか。残る選択をした方は、なんとかコップから水が溢れなかったか、心の持ちようで、大きいサイズのコップにするなど工夫をしたんだと思います。

それぐらい、転職って簡単に決められることじゃないです。また、簡単に考えるべきでもないです。まして家庭を持っている、ローンを抱えているなら尚更でしょう。

→ イチロー選手の言葉に見る、プロになること、続けていくことの意味

 

大手・上場企業のコピーライター求人

派遣 コピーライター/ライターの仕事

置かれた状況を客観的に見てみる

 

でも、あなたは転職を考えてしまっている。

「転職は慎重に」なんていうことは百も承知で、でも「転職」の二文字が頭から離れない。どうしても、今の会社で数年後も活き活きと働いている自分が想像できない。

そんなときは、一歩引いて冷静に自分が置かれた状況を客観視してみることです。不満や不安というネガティブな感情は、どうしてもヒートアップしてしまいがちです。

 

では、どうすればそれができるか?それは、「今このポジションの求人が出たら、自分は就きたいと思うだろうか?」と問いかけるんです。

実際にあなたが辞めれば、高い可能性で会社はそのポジションの求人を出します。

あなたがその求人を見たとき、待遇や仕事内容だけでなく、実情もすべてわかった上で応募して、なんとかその職を手に入れようと思うかどうかを想像するんです。

 

いま、「バカじゃないか、そんなの応募するわけないじゃないか。転職を考えているんだから」と思った方、あなたの結論はすでに出ています。少なくとも心情としての結論は。

「なるほど」と思った方は、ここから客観的な思考が始まります。「そう考えてみると、応募しないかも…」という方は、金銭面か年齢か、何らかの事情に縛られていることがわかるわけです。

→ コピーライターにとって、一番大切な能力は想像力だと思う

 

コピーライターの新着求人

経験者向けコピーライター求人

まとめ

転職するべきかどうか、迷ったときの判断基準。まずは、努めて冷静に自己分析。置かれた状況を客観的に見てみようという話でした。

転職については、まだまだ思うことがたくさんあります。一番大事なのは、あなたが納得できる結論を出すことです。このテーマ、今後も引き続き書いていきます。

 

おすすめ関連記事

コピーや応募書類を書くときは、主観と客観を行き来しよう!

言葉が好き、書くことが好き、でもやりたいことが見つからないあなたへ

30代からでも、コピーライターになるチャンスはあるか!?

 

仕事をお探しの方はこちら

チャンスをつかもう!【未経験歓迎】コピーライターの新着求人 8/19更新!

次のステージへ【経験者向け】コピーライターの新着求人 8/20更新!

高時給!未経験歓迎も【派遣】コピーライターの新着求人 8/21更新!

 

\「転職かな…」と思ったら /

プロのサポートが無料で受けられる、転職エージェントを活用しよう!

コピーライターの求人が充実!広告・Web業界に強い、5つの転職エージェント

 

 

「なるほど」「いいね」
と思ったら↓

Twitter で

 

最近のトピック

Q&A|クリエイティブディレクターのように、「全体を見渡す力」を身に付けるには?|コピーライターのような専門職から、クリエイティブディレ…つづきを読む

> トピック一覧へ

コピーライターの転職に絶対おすすめ!広告・Web業界に強い、5つの転職エージェント