コロナは社会を大きく揺さぶったけど、変えなきゃいけないことも浮き彫りにした。少なくとも日本にとっては、いくつも大きな“気づき”があった。

というわけで、今日はグループウェア開発会社「サイボウズ」から届いたこんなCM。

 

 

経営者のみなさまへ、通勤をがんばらせることは、必要ですか?たしかに、今回導入したテレワークで「案外、家でもできるじゃん」と思った方も多いはず。

工場とかお店とか、現地じゃなきゃいけないものは別にして。デスクワークなら、コロナ後もテレワークにしませんか?

 

キャッチコピーは「がんばるな、ニッポン。」

コツコツ頑張るのは日本人のいいとこだけど、ハンコ文化とか通勤ラッシュとか、ちょっと融通が効かないとこがあるのも事実。

 

効率よくできるところは、効率よく。だってほら「働き方改革」が叫ばれてたじゃないですか(最近、ちょっと聞かないけど)。

がんばりだって、「持続可能(サスティナビリティ)」がキーワードだと思う。サイボウズの社長、青野慶久さんの最新刊↓

朝日新聞出版
¥1,540 (2020/10/20 19:48:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

青野さんは、先日テレビ東京の「カンブリア宮殿」に出演。100人いれば、100通りの働き方があっていい。社長も自ら育休を取ってみて「商売人こそ、まずは子育てすべし」と悟ったんだとか。

そうそう、実は3月に、今回と同じキャッチコピーで新聞広告が出てました↓