褒められることや評価されることが、コピーライターの原動力になる

 

あなたは褒められることが好きですか?こそばゆいという方もいるでしょうが、わたしは大好きです(笑)

褒められるためにコピーライターをやっているわけではありませんが、前へ進む大きな力になることは間違いありません。

 

褒められるから、その気になる

コピーライターという仕事に興味がある方は、きっと何かしら言葉や文章について褒められた経験があるのではないでしょうか。

学生のときに国語の成績が良かった。読書感想文で賞をもらった。普段から、発する言葉に相手がよく感心してくれる。

これらはすべて、自信につながります。活躍するコピーライターの多くが、そんな小さな自信をきっかけに、書くことを仕事にしています。

コピーライターとして採用されるには、“冷静に思い込む力”が必要

 

わたしもその一人です。小さな頃から、よく文章を褒められました。褒められるのは気持ちいいですから、どんどん調子に乗っていきました(笑)

いま思うと、井の中の蛙です。少しくらいは、得意だったかもしれませんが、プロの世界に入れば、そんな人間がゴロゴロいます。

でも、それでいいじゃないかと思います。コピーライターの天才なんていません。プロになった多くの人が、壁にぶち当たります。そこから、いかに這い上がるかが大事です。

謙虚な気持ちがなければ、一人前のコピーライターにはなれない

 

他者からの評価を気にしよう

プロになれば、常に評価されます。ときどき、評価されることを嫌がる人がいますが(気持ちはわかりますが)、それでは成長がありません。

当たり前ですが、書いて稼ぐことと趣味で書くことは違います。あなたが書く文章でものが売れる、誰かの役に立たないと給料はもらえません。

だから、他者からの評価に敏感になりましょう。クリエイターにとって、褒められることは栄養です。もちろん、良い評価は次の仕事を呼び込みます。

コピーにはあなたが出る!でも、コピーはあなたを表現する場ではない

 

悪い評価だからといって、落ち込むことはありません。毎回褒められるなんてことは、あり得ません。評価をしっかりと受け止めて、自己評価との差を把握しましょう。

自分には何ができないのか、どうアプローチすれば良かったのか。この差を埋めて、少しずつでも改善することに価値があります。

賞やコンテストに応募しましょう。貪欲に狙いにいって、先人から評価されましょう。わたしの知る限り、優秀なクリエイターは評価を糧に、どんどんパワーアップします。

コピーライターへのパスポート!?アマチュアでも応募できる広告賞

コピーを書く絶好のチャンス!公募のコンテストに応募してみよう

 

まとめ

褒められたときの小さな自信をもとに動けばいい。プロになったら、評価を正面から受け止めて、成長する糧にしようという話でした。

小さい頃もプロになってからも、褒められることや感謝されることが、クリエイターを突き動かす原動力になります。

 

おすすめ関連記事

「コピーライターの仕事とは何か?」を教えてくれる、2つのエピソード

コピーライターになるために、センスは必要か?

コピーライターは、“相手を喜ばせよう”というサービス精神が大事

 

この記事が気に入ったら