2017年10月15日更新

 

みなさんの役に立ちそうな記事のリンクを集めました(随時、更新追加していきます)。一線で活躍しているプロから、コピーライティングの技術や考え方を学びましょう!

 

【完全無料!】転職支援サービス

インタビュー&コラム

 

【NEW】コピーライターは社員の行動のスイッチを押す「相談役」である

コピーライター 国井美果さん

依頼をいただくのは、企業が何らかのシフトチェンジをしたいタイミングが多いです。例えば伊藤忠商事の場合は、2010年に就任した岡藤正広社長のも…つづきを読む

ことは

資生堂「一瞬も 一生も 美しく」、伊藤忠商事「ひとりの商人、無数の使命」の国井さんです!

 

【NEW】“グランプリを受賞した若手女性コピーライター”その肩書きと実力の差を埋めるため、必死で仕事と向き合った

コピーライター 尾形真理子さん

朝日広告賞には、入社1年目から応募していました。当時は会社の方針で、若手クリエーターは全員参加するのが決まりでした。仕事をするときの上司とは…つづきを読む

ことは

ルミネのコピーを手掛けられた尾形さんです!「試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。」

 

もっと汗をかいてほしい。汗がにじむ作品に出会いたい

コピーライター 前田知巳さん

コピーがうまく機能している新聞広告らしい提案が多く見られた2012年度朝日広告賞「一般公募の部」。審査委員の前田知巳氏に、応募作品への評価や…つづきを読む

ことは

骨太なコピーを書かれる印象の前田知己さん。朝日広告賞の審査をされた際のものです。

 

自分を変えたくて、未経験からコピーライターを目指した。

コピーライター 中島優子さん / 下川洋平さん

未経験からコピーライターになる。そんな難易度の高い道を見事に進んだ、お二人に話をうかがいました。レマンの中島優子さんと、デザインセンターの下…つづきを読む

ことは

『これから、絶対、コピーライター』の著者、黒澤晃さんがインタビューされています!

 

言葉の印象は、すべて受け手が決める

クリエイティブディレクター・コピーライター 山本高史さん

準グランプリを受賞した原稿を制作したのは、入社4年目の時。勤めていた電通では、若手クリエーターが広告賞に応募する慣例があって、新入社員の畑野…つづきを読む

ことは

「コピーライターに必要な資質とは、他人に対する興味を持ち続けること」ですよね!

 

「流行っている言葉を使うのがコピーライティングで一番危険」

コピーライター 谷山雅計さん

谷山さんと言えば「ガス・パッ・チョ」「YONDA?」「TSUBAKI」「マルちゃん正麺」や「消えたかに道楽」シリーズなど、超有名な広告を数多く生み出…つづきを読む

ことは

コピーライターの必読本『広告コピーってこう書くんだ!読本』の著者、谷山さんです。

 

マーケティングで心は動くか。

コピーライター 中村禎さん

“常にお客さんの側になれるか、相手の立場になれるか” コピーライター歴、35年。さらりと読み飛ばしてしまいそうですが、35年というのは赤ん坊が大人に…つづきを読む

ことは

コピーライター養成講座の講師も務める、中村さんへのインタビューです。

 

広告は「面白い」がいいのか「売れる」がいいのか、ラジオCMから考える

クリエーティブ・ディレクター 林尚司さん

今回の講義のテーマは、「若い人たちにとってラジオCMとは何か」。そこで、僕はてっきり「正直あまり聞かれていないジャンル」という前提から講義が…つづきを読む

ことは

ラジオCMのコンテストに応募しようと思っている方、要チェックです!

 

広告を作るのって、やっぱり面白い!

コピーライター 仲畑貴志さん

「おしりだって洗ってほしい」「心も満タンに」など、数々の名コピー、傑作広告を生み出してきた仲畑貴志さん。20代半ばから、トップランナーとして走…つづきを読む

ことは

コピーライターの神様と称される、仲畑さんへのインタビューです。