お盆の帰省シーズンですね。ただ「今年はどうしよう…」という方も、多いのでは。

というわけで、この時期が来ると思い出す「キリンラガービール」のCMをご紹介。もう15年以上前の映像ですが、帰らないと決めた方、気分だけでもどうぞ。

 

 

ああ、いい。大沢たかおさんの抑えた演技もいい、平井堅さんのデスペラードもいい。

でも、何がいいってキャッチコピーがいい。「人は、人を思う。」たった8文字の言葉に、なんだか胸が熱くなります。

 

「親は、私より子供の顔を見たがっている」のセリフに共感する方、多いんじゃないかな。

たしかに、親の孫のかわいがり様といったらないですからね。でも、親父さん。そうは言っても、子供の顔を見たいんだと思いますよ。今日、父と私のラガーを飲む。

 

せっかくなんで、同シリーズのCMをもう一本。

実はわたし、こっちが好きなんです。今でも、年に1度は見返すかな。さっきのと同様、拾い動画で画質・音質ともにあれですが、そこはご愛嬌。

 

 

ああ、もうダメ。さっきのはまだ堪えられるけど、こっちはもう…

映像の(球場の)美しさ、野球という親子の共通言語、大沢さんの見つめる目。親父さんの何とも言えない表情が、またいいんだ。

 

「その夜、別世界にいた。私は小学3年生で、夏休みの終り、はじめてナイターを見た。あの球場には、気持ちいい風が吹いていた。父は、あのときと同じ顔をしている。」

美しい。言葉の並びが、たたずまいが、語感が、すべてが美しい。

 

こちらも、キャッチコピーは「人は、人を思う。」コピーライターは秋山晶さんです。

普遍的なコピーに「ほかの商品だって、言えるじゃないか」と思う方もいるかもしれません。でもね、ビールでこれを言うなら、やっぱりラガーなんです。しかも、キリンラガー。

 

ラガービール
¥5,210 (2020/09/21 09:01:29時点 Amazon調べ-詳細)
キリン ラガー
¥3,344 (2020/09/21 09:01:30時点 Amazon調べ-詳細)

 

語弊あるかもしれませんが、ラガーってちょっと“オヤジ”なビールなんです。ちゃんと苦くて、飾りっ気がなくて、これぞ古き良きビールって感じ。

だから、こういうノスタルジックなエピソードを織り交ぜた、親子の絆を描くストーリーにしっくりくるんです。これ以上ないくらいに。

 

ああ、いいな。帰省したくなってきた。

昔のCMを懐かしんでばかりもいられないけど、「いい広告は、いつ見てもいい。ほんとに人の心を打つメッセージは、時代を越える」そう、思いませんか。