「恋愛」の広告コピー/キャッチコピー・名言

コピーライティングや人生のヒントが詰まった「コトバの記憶」。こちらでは、初恋・恋人・失恋など「恋愛」にまつわる広告コピー/キャッチコピーや名言を集めます。

 

「恋愛」の広告コピー

運命を狂わすほどの恋を、女は忘れられる。

ルミネ / 2015年 / 尾形真理子

きゅんって、何の音ですか。

カルピスウォーター / 2014年 / 米田恵子

13歳で結婚。14歳で出産。恋は、まだ知らない。

プラン・ジャパン / 2013年 / こやま淳子

「1本しか売ってなかった」と好きな子に嘘をついた。

ポカリスエット 夏のキャッチコピー大募集! / 2012年 / 春日井信行

人生が、ラブストーリーでありますように。

明治製菓 / 2011年 / 山田尚武

何を読んでも、あなたが出てくる。

角川文庫 / 2008年 / 細川美和子 倉成英俊

せっかく忘れかけたのに、ラジオがコブクロなんか流すから。

ワーナーミュージック・ジャパン / 2007年 / 神山浩之

告白しなかった恋は、どこへいくんだろう。

ロフト / 2006年 / 吉岡虎太郎

愛に雪、恋を白。

JRSKISKI / 1999年 / 一倉宏

いえなかった言葉たちは、どうしていますか。

NTT / 1998年 / 一倉宏

恋は、遠い日の花火ではない。

サントリー オールド / 1995年 / 小野田隆雄

好きなひとが、できました。

映画『耳をすませば』/ 1995年 / 糸井重里

恋が着せ、愛が脱がせる。

伊勢丹 / 1989年 / 眞木準

恋を何年、休んでますか。

伊勢丹 / 1989年 / 眞木準

キミが好きだと言うかわりに、シャッターを押した。

オリンパス商事 / 1980年 / 福田恭夫

 

「恋愛」の名文・名言・名セリフ

別の人の彼女になったよ

wacci『別の人の彼女になったよ』/ 2018年 / 橋口洋平

何をしていたの 何を見ていたの
わたしの知らない横顔で

『Lemon』/ 2018年 / 米津玄師

この世界の片隅に、うちを見つけてくれてありがとう。

映画『この世界の片隅に』/ 2016年

君の名は希望

乃木坂46『君の名は希望』/ 2015年 / 秋元康

愛なき時代に生まれたわけじゃない
強くなりたい やさしくなりたい

『やさしくなりたい』/ 2011年 / 斉藤和義

今日の勇気と昨日のイタミを 同じだけ抱きしめたら
あなたの明日に ぼくができること ひとつくらい みつかるかな…

『春夏秋冬』/ 2007年 / スガシカオ

阿形順正は、私のすべてだった。
あの瞳も、あの声も、ふいに孤独の陰がさすあの笑顔も。
もしもどこかで順正が死んだら、私にはきっとそれがわかると思う。どんなに遠く離れていても。
二度と会うことはなくても。

小説『冷静と情熱のあいだ Rosso』/ 1999年 / 江國香織

満開の桜の園で、何千回、何万回と「好き」と「嫌い」を繰り返して、花は散り、そして、また花は咲くのです。

エッセイ『恋愛王』/ 1990年 / 鴻上尚史

抱きしめれば二人は なお遠くなるみたい
許し合えば二人は なおわからなくなるみたいだ
ガラスなら あなたの手の中で壊れたい
ナイフなら あなたを傷つけながら折れてしまいたい

『あした』/ 1989年 / 中島みゆき

愛とは決して後悔しないこと

映画『ある愛の詩』/ 1970年

 

> 「コトバの記憶」TOPへ

この記事が気に入ったら