話題の最新CM|2018年、いま注目のテレビCM・WebCMをチェック!

話題のCMや「いいな」「なるほど」と思ったCMをピックアップします。「テレビはあまり観ない」って方も、チェックしときましょう。

 

話題の最新CM

カロリーメイトCM|「心の声」篇

またこの季節がやってきました。身近に受験生がいないわたしは、受験シーズンの訪れをカロリーメイトのCMで知ります。今回の選曲はサ・ブルーハーツの『人にやさしく』。

いいですね。昨年が山下達郎さん、その前が岡村孝子さんですか。正直、受験生本人にストライクな選曲ではありません。このあたりは親御さんを巻き込みたい狙いもあるんでしょう。

受験生だった頃の迷いや葛藤は、世代を超える“共感”です。主演は女優の蒔田彩珠さん。最後の「聞こえるかい?」のソロがいいですね。「見せてやれ、底力。」応援してます。

 公式  カロリーメイト|CM

 

三井住友カード 「Thinking Man」篇 プロローグ

結構、流れてますよね。小栗旬さんと青木崇高さん、小栗さんは『ゴジラVSコング』でハリウッド進出も決まったんだとか。楽しみです。

時代も国もわからない、異空間で旅人と賢者(?)が出会う。「奇妙なものを持ち歩いてるもんだ」のセリフは、フィナンシャルグループのCMとしては、結構踏み込んでます。

そこから、「Have a good Cashless.」のメッセージ。非現金決済の面で、日本はだいぶ後れを取っています。個人的には、2020に向けて飛躍的な加速を期待します。

 公式  三井住友VISAカード

 

ブーン「ブーン隊 見た目」篇

ダイハツブーン、イメージキャラクターを土屋太鳳さんから篠原涼子さんにチェンジ(?)でしょうか。ターゲットを少し上目にスライドさせて、新しい層にアプローチしています。

さてさてこのCM、見どころは篠原さんやブーン隊のダンスだけではありません。篠原さんの決めゼリフ「やばい、クラっときた」、どこかで聞き覚えがあるなーと思ったら…

そう、10年ほどの前の「オリックス・クレジット」のCMで篠原さん、「やば、グッときた」と言ってるんですね。制作者かクライアントか、遊び心のあるCMです。

 

ソフトバンク CM 白戸家ミステリートレイン「菊川怜の事情聴取」

例のあのCMのパロディというか、オマージュというか、コラボというか、そんな感じです。あのCMとは、そう「ハズキルーペ」ですね。

あちらが武井咲さんに代わったと思ったら、こちらに登場の菊川怜さん。好き嫌い分かれるようですが、CMや広告において「話題になること、注目を集めること」は、とても重要です。

多額の広告宣伝費を投下して、話題にもならず、シェアもされず、スルーされるCMがどれほどあるか(しかも、スルーされるのでデータにも記憶にも残りません)。

 

PANTENE(パンテーン)1000 Job Hunters’ Real Voices

話題のパンテーンの広告です。毎日、このサイトで広告・Web関連のニュースを配信してますが、連日このトピックが挙がってきます。

きっと、共感性も高いんだろうなと思います。今さらですが、「右へ倣え、はみ出すべからず」の就職活動は一種異様にさえ感じられます(海外からの視点だと特に)。

就活ルールの見直しなど、変化の兆しもあります。ただ、まだまだ多くの企業の本音は「規律に従い、足並みを揃えられる人材が欲しい」これでしょう。

 参考  「就活をもっと自由に」CMで訴えるP&G —— 就活生の違和感と企業の本音埋めたい

 

金鳥 ゴンゴン「メンズダンス」篇

出ました、金鳥『タンスにゴンゴン』の新CM。ほんと、独特の世界観で攻めてきますよね。今回は、男性用の防臭剤だそうです(何か、成分がちがうんでしょうか…)。

登場するのは、前回のCMと同じくMIOさんとYAEさん。そして、何とも言えない存在感を醸し出すのが太田和彦さん(合いの手を入れるおじさんです)。

ほんと、金鳥は昔からインパクト抜群のCMでお茶の間を楽しませてくれます。ちなみに、金鳥の正式名称、というか社名は「大日本除虫菊株式会社」です。

 参考  KINCHO CM集 ゴンゴン「メンズダンス」篇

 

安室奈美恵 企業9社とファンの共同プロジェクトCM「私たちのヒーロー」篇

9月16日で引退する、安室奈美恵さんの門出をお祝いする(?)CM。コーセーやdocomoなど、彼女をCMに起用してきた企業9社とファンの合同プロジェクトだそうです。

すごいですね。一年ほど前に引退を発表、トップニュース扱いで報道され、NHKでも特集番組が組まれました。改めて、その影響力の大きさがわかります。

歌手/芸能人の引退で、こんなCMが制作されるのも、ちょっと記憶にありません。「安室ちゃんとの青春が終わる。」は、ある世代には共感性の高いコピーでしょう。お疲れさまでした。

 

ボス『関ケ原』篇

缶コーヒー「BOSS」の新CM、今度は関ヶ原の合戦です。タモリさん、野村萬斎さん、タカアンドトシさんと、キャスティングも豪華。

そして、お馴染みトミー・リー・ジョーンズ。ちなみに、宇宙人ジョーンズシリーズは2006年からだそうです。もう12年になるんですね。

アサヒの「WONDA」でも書きましたが、ここでもコーヒーの味のことなんて一言も言ってません。メッセージは「働くみなさん、お疲れさま」です。メイキング映像はこちらから

 

ソフトバンクCM 白戸家 ミステリートレイン「予告」篇

ソフトバンク『白戸家』シリーズの新CM。アガサ・クリスティの『オリエント急行殺人事件』のパロディです。名探偵ポアロ役は、堺雅人さんですか。

先日、米津玄師さんの『Lemon』がこのシリーズに採用されると発表されました(もう流れてますか?)。今後の展開が楽しみですね。

それにしても、キャスティングといい、セットといい、お金かかってます。各キャリアには、ケータイ料金引き下げの圧力がかかっているそうですが、さてさて…

 

ワンダ “リンダリンダ” をビートたけしさんらが熱唱!

アサヒ飲料の「WONDA」のCMです。どうやら、Web限定のようですね(ビートたけしさんといい、なかなか豪華なキャスティングですが)。

原曲は言わずと知れた、ブルーハーツの『リンダリンダ』、二番は『ワンダワンダ』と替え歌になっています。たけしさんの歌声、味がありますね。

何かで読みましたが、缶コーヒーで“違い”を謳うことはもう難しく、基本「みんな、頑張ろうぜ!」ってメッセージになるんだそうです。なるほど。

 

LINEモバイル ~虹篇~

ずーっと、のんさんを起用しているLINEモバイル。昨年の『愛と革新。(交差点篇)』もよかったし、いつも印象的なCMを作るなと思います。

音楽がまたいいんですよね。『愛と革新。』ではキリンジの『エイリアンズ』、今回はフジファブリックの『若者のすべて』ですか。音楽事情には詳しくないですが、わたしは好きです。

それにしても、「スマホ代 月額300円~」はニュースですね。ハンバーガーのセットより安いです。なにか制約でもあるんでしょうか?気になる方はこちら↓

 公式  LINEモバイル

 

ダイハツ ミラ トコット「勘違い」篇

ちびまる子ちゃんの実写化です(また漫画の実写化かよ~という声もあるみたいですが)。まるちゃんは吉岡里帆さん、親友のたまちゃんは奈緒さん

奈緒さんは、現在放送中の朝ドラ『半分、青い。』でも主人公の友達役ですね。メガネをかけるとまた印象が変わります(ブレイクの予感)。

まぁ、なんだかんだ言って、旬のかわいい女優さんが出てると観ちゃうってやつです(笑)。ちびまる子ちゃんも、世代的にターゲット層の女性にズバリなんでしょう。

 関連  『半分、青い。』に、コピーライターを目指していたあの頃を思い出す

 

au 家族ナツ得「おうちの歌」篇

もうお馴染み、auの三太郎シリーズですね。浦ちゃんもやっと家ができたようで、めでたしめでたし。さて、乙ちゃんは来てくれるんでしょうか。

「なんか、おもしろいことやってくれそう!」というブランディングも大きいですが、ちゃんと「家族ナツ得」ってことで、ストーリーの必然性もあります(そりゃそうですね)。

この前読んだ本『全米は、泣かない。』で、このシリーズのCMプランナー篠原誠さんが言っていた「100%おもしろいと思って、作ってるわけじゃない」という話が妙に納得しました。

 関連  ことはの本棚|コピーライターは、こんな本を読んでいます

 

サマージャンボ「侍・盆踊り」篇

TRF登場ですよ、ある世代以上の方にはたまりませんね。しかも、SAMさんじゃなくDJ KOOさんがフィーチャーされてます。

役所広司さん演じる侍の娘には、新川優愛さん。最近よくCMに出られてますよね。新CMクイーンと呼ばれる日も近そうです。

役所さんと言えば、「美味しそうに食べる」ことが有名で、食品系のCMにも引っ張りだこだとか。それにしてもこのお侍さん、顔の汚しがすごいです(日焼け?)。

 

docomo 「紅の空に」篇

高畑充希さんが、X JAPANの「紅」を熱唱します。ネットでも話題になってますね、「歌上手い! >>> うるさい!」になっていくんだそうです(笑)

結構大量に流されてるようなんで、まぁCMの宿命ですね。ほとんどのCMがスルーされる中、話題になるだけでもOKと言ったところでしょう。

役者さんにとって、「歌が上手い」というのは大きなアドバンテージです。高畑さんは数年前の朝ドラ『ごちそうさん』で注目を集め、その時も歌唱力が話題になっていました。

 

ハズキルーペ 渡部謙さん・菊川怜さん篇

何かと話題ですね。特にビジネス系の番組など、ターゲットが少し上の番組では大量投下されています。そのせいもあってか、ググるとネットの評判はイマイチ…

個人的には、「よくできてるな~」と思って観ています。プレゼン形式でわかりやすいじゃないですか、きっと効果上がってますよ。

「こんなことでお困りじゃないですか?でも、これさえあればもう大丈夫!」という、LP(ランディングページ)のような作りです。今後は、こういうわかりやすいCMが増えるんじゃないでしょうか。

 

Nintendo Switch 2018夏

2分と長尺です。地上波ではほとんど流れてなさそうですが、「こんなシーンで、こんな風に遊んでね」というシチュエーション提案型CMの代表例です。

「そんなとこで、ゲームやるんかーい」というツッコミ待ちの箇所も多々ありますが、これもハズキルーペと同じでわかりやすいんです。

「さすがにそんなことしないよ(笑)」と思いながらも、「でも、あったら楽しいかもな…」ってなるんですね。人はシーンを見せられると、欲しくなっちゃうんです。

 参考  Nintendo Switch

 

注目の求人特集

 

この記事が気に入ったら