今日は広告コピー本の紹介です。

ことはの本棚」で、コピーライティングに関する本はいくつか紹介してますが、コピーを集めた本は久しぶりですね。出たばかりなんで未読ですが、今回のはちょっとワクワクします。

 

コピーライターが、恋したコピーとは?

タイトルはこちら、『名作コピーの時間』。どこかで聞いたことありますね。そう、月間『ブレーン』で連載が続いているあの企画です。

プロのコピーライターがこれまで世に出た広告コピーの中から、印象深かった、衝撃を受けた。つまりは「これは名作だ」と思うコピーを3つ選んで語るあれです。

 

今回は、月刊『ブレーン』700号を記念して一冊にまとめたんだそうです。ブレーンなら毎回欠かさず読んでるって方も、昔のは忘れてるでしょうから、これはありがたい。

広告クリエイティブの世界に限ったことじゃないですが、やっぱり同業者に評価されるのって嬉しいもんです。プロが選ぶ、プロのコピー。じっくり読ませてもらいましょう。

¥1,944 (2019/09/17 11:14:17時点 Amazon調べ-詳細)

 

余談ですが、久しぶりに記事を書いたら、なかなかタイピングが進みませんでした。やっぱりコンスタントに書かなきゃダメですね…

2019年は、今回みたいな話題もサクッと取り上げていきたいと思ってます。では今年も「ことばと広告社」を、どうぞよろしくお願いいたします。

 

こんな記事も読まれています