「世界一のチームは、きっと家族だ。」日経DUALのコピーとCMがいいから観てほしい

今日は、グッときたブランドムービーの紹介です。

働くママとパパを支えるWEBメディア『日経DUAL(デュアル)』。これからの働き方、夫婦や家族のあり方など、いま注目度の高い話題に日経はどんなスタンスなんでしょうか。

 

コピーライター&CDは、こやま淳子さん

    さっそくですが、ムービーをどうぞ↓

    いいですよね、なんていうか、すごくリアルだなぁと。

    わたしは独身なんでほんとのところはわかりません。でも、まわりの話を聞いたり、兄家族を見てると、きっとこんな感じなんだろうと思います。

     

    役割分担もする、疲れて仕事でミスもする。大きな声で叱るし、爆発してケンカもする。3:05のとこなんて堪んないです。5、6回観ましたけど、毎回泣きそうになります。

    で、コピーが「世界一のチームは、きっと家族だ。」コピーライターはこやま淳子さん、「13歳で結婚。14歳で出産。恋は、まだ知らない。」のコピーが有名ですね。

     

    おそらくこのムービーの脚本&歌詞も書かれているでしょう。「ルールを決めるのは世の中じゃない、わたしたちなのだから。」の一節がまたいいです。

    ラスト、パパが子供を保育園(?)に送るようにしたんですね。曜日で分けたんでしょうか。役割を調整して、みんなが納得できるように。だってチームなんだから。

     

    丁寧に作ったものにフォーカスが当たってほしい

    そこそこ尺のあるブランドムービーですから、派手さはありません。露出が少ないせいか、あまり話題になってる感じもしません。

    でも、構成はしっかりしてるし、メッセージもはっきりしてる。日経DUALがどんなスタンスなのかもちゃんと伝わってきます。演出や役者さんの演技も自然でいい。

     

     

    とかくこの手の話題になると、派手で話題性があって、どちらかと言えば極端なメッセージのものが注目を集めます(炎上も込みで)。

    もしかしたら「世界一のチームは、きっと家族だ。」のコピーには、そこまで目新しい発見やインパクトはないのかもしれない。

    でもわたしは、こういう足腰のしっかりした広告にこそフォーカスが当たってほしい。そんな世の中のほうが、楽しく、生きやすいんじゃないでしょうか。

     

    まとめ

    というわけで、「世界一のチームは、きっと家族だ。」日経DUALのキャッチコピーとCMがいいから観てほしいでした。

    歳とったんですかね、最近は家族ものに弱いです。こやま淳子さんのワークを見ても、生き方や家族、愛をテーマにしたものが多そうです。

    ちゃんとした着想や思想に基づいているというか、かろやかな骨太さを感じました。家族って、ちょっといいかもしれません。ではまた。

     

    こんな記事も読まれています