プレゼンと言うと大げさですが、会社勤めする方なら何かしら発表する機会があると思います。

研修で自分の意見を述べる、作った資料の説明を求められる。コピーライターなら、当然書いたコピーを説明することもあるでしょう。

こういった、いわゆる“ミニプレゼン”こそ、コミュニケーションのセンスが出ます。面接にも通じるところがありますよ。さっそく3つの特徴を見てみましょう。

 

【無料】イチ押し転職支援サービス↓

事前に準備していない

そんなバカなと思いますか?そうですね、予め話す機会があるとわかっているわけですから、準備するのは当然です。

準備と言っても、原稿を用意するだけでは不十分です。あなたは、スピーチロボじゃないんです。

これを話したらどんな反応が返ってくるか、聞かせどころはどこか、何かに例えてよりわかりやすく伝えられないか、シミュレーションしまょう。それが、プレゼンに備えるってことです。

→ コピーライターの面接で緊張して、上手く話せない方へ5つのアドバイス

 

これを案外しない方が多い。不思議と「自分はなんとかなる」と、出たとこ勝負にかけるわけです。断言してもいいですが、出たとこ勝負の勝負は負けます。

ひどいのになると、ミーティングで全員に意見を聞いているのに、自分に番が回ってきたらびっくりしている。あるいは、これまで出た意見をなぞるだけ。

これでは、その後発言するチャンスは回ってきません。聞いたって意味ないですから。

話が転がるわけでも、広がるわけでもない。自ら、そのミーティングに必要ない存在だとアピールしているようなものです。

→ 駆け出しのコピーライターへ、会議で発言できないときのアドバイス

 

話を詰め込みすぎる

ドキッとした方、多いんじゃないでしょうか?「あー、発表慣れしてないんだな…」という方の半分くらいはこれが原因です。

たとえば、あなたの持ち時間が3分あるとしましょうか。あなたは何分の話す内容を用意しますか?

「3分なんだから、3分だろう。」と思った方、計算は間違っていませんが、おそらくあなたのプレゼンはあまり相手に伝わっていません。

話のバッファ(余白)がないために、聞き手はあなたが発する“音”をただ聞いているだけの状態になります。プレゼンというより、スピーチになってしまうんですね。

 

話し手に余裕がないと、聞き手に余裕は生まれません。

話は文脈のあるストーリーで伝えるものですから、ここぞというポイントの前では“溜め”も必要です。聞き手にクエスチョンを投げかけるなら、相手に考える“間”を与えることも必要です。

持ち時間が3分あるなら、ざっと2分で話を組み立てましょう。

「余った1分はどうするんだ?」心配ありません。時間が長くなって迷惑をかけることはあっても、短くなって困ることはありません。むしろ、簡潔だと好印象を与えるでしょう。

また、1分のバッファがあるという余裕が、聞き手の反応を見る、抑揚をつけてメリハリを生み出すなど、あなたのプレゼンのクオリティを上げます。騙されたと思って試してみてください。

 

大手・上場企業のコピーライター求人

派遣 コピーライター/ライターの仕事

ダラダラ話している

 

「詰め込み過ぎ」にも似ていますが、これもタチが悪いです。たった3分とはいえ、要点がわからない話、結論が見えない話は長いです。

バカだと思われたくなかったら、話をちゃんと組み立てましょう。

3分程度なら、話の大きなテーマやコンセプトが一つ。テーマを少し掘り下げたポイントが3つ(別に2つでもいいです)。で、最後に大事なことをもう一度。

一例ですが、ざっとそんな感じです。テーマにもよるでしょうが、3分で各ポイントをさらに掘り下げて話すのは無理です。詰め込み過ぎで、大事なことが伝わらないでしょう。

 

「詰め込み過ぎ」「ダラダラ話す」に共通して言えることですが、余程でないと聞き手はあなたの話にさほど興味がありません。一生懸命は聞いてくれないんです。

だから、相手が持ち帰りやすいよう話をパッケージングしてあげましょう。「あいつのあの話、印象に残ったな…」と、一つでも持ち帰ってもらえれば勝ちです。

→ 勝負は数秒!わかりやすく伝えることは、コピーライターの使命だ

 

コピーライターの新着求人

経験者向けコピーライター求人

まとめ

プレゼンが上手くなるコツ!発表が苦手な人の3つの特徴。事前に準備していない、話を詰め込み過ぎ、ダラダラ話しているという話でした。

ここに書いたことは、どれも目新しいことではありません。しばらく社会人をやれば、ある程度身につくはずです。だからこそ、早めに習得してしまいましょう。

「相手はあなたの話にそんなに興味がない、一度にたくさんのことは持ち帰れない。」あなたが聞き手の場合を想像すれば、たしかにそんな気がしてきませんか?

 

おすすめ関連記事

若いうちに絶対に身に付けておきたい、仕事におけるスピード感とは?

わたしはこうしてきた!転職するべきかどうか、迷ったときの判断基準

食わず嫌いはコピーライターの敵!若いうちは、何でも一回試してみよう

 

仕事をお探しの方はこちら

チャンスをつかもう!【未経験歓迎】コピーライターの新着求人 5/23更新!

次のステージへ【経験者向け】コピーライターの新着求人 5/24更新!

高時給!未経験歓迎も【派遣】コピーライターの新着求人 5/25更新!

 

\「転職かな…」と思ったら /

プロのサポートが無料で受けられる、転職エージェントを活用しよう!

コピーライターの求人が充実!広告・Web業界に強い、5つの転職エージェント

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

広告・Web業界に強い転職エージェント

クリエイティブ専門の転職支援!マスメディアン

マスメディアン

広告・Web業界に特化した転職エージェントです(「宣伝会議賞」を主催する宣伝会議が運営)。

最大の特長は、キャリアコンサルタントが転職活動をサポートしてくれること。応募書類の書き方から、ポートフォリオ(作品集)の作り方まで、プロのアドバイスが無料で受けられます。

社会人の転職には欠かせない!DODA

DODA

非公開求人の豊富さ(全体の80~90%)が特長。「非公開求人にこそ、あなたのキャリアにベストマッチの求人が見つかるかも」と謳うほどです。

サービスの利用は、すべて無料。キャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当、2人の転職のプロから内容の濃いサポートが受けられます。

求人・サービスともに質が高い!マイナビクリエイター

マイナビクリエイター

マスコミに強いマイナビが運営する、経験者を対象にした転職エージェント。他ではまず見かけない求人が出ているので、非公開求人にも期待できます。

クリエイター出身のキャリアアドバイザーだからできる、きめ細やかなフォロー(無料)。求人保有数も業界トップクラスです。