今日は、新刊のある「帯文」が気になって。

 

 

暗闇にあるとき人は、一つの言葉を抱きしめるようにして生きることもあるだろう。

ああ、沁みるなー。そういうことってありますよね。誰かのちょっとした一言にすがりたかったり、何かのセリフをグッと噛みしめたり。

 

そういう経験のある人が、書く人になるんじゃないかな。自分も誰かにとって、そういう言葉を残したいと。あの日の自分に届けるんだと。

若松英輔著『言葉を植えた人』気になります。

 

亜紀書房
¥1,650 (2022/11/29 04:11:49時点 Amazon調べ-詳細)