連日、熱戦が繰り広げられている交流試合。

観客もいない、声援もない。勝っても、次があるわけじゃない。たった1試合だけの甲子園。そんな高校球児や高校野球ファンに向けて、ポカリスエットが新聞広告を掲載しています。

 

 

いいですね、何がいいって掲載箇所がいい。上記の切り抜きは朝日新聞のスポーツ欄、球児たちの熱闘を伝える記事の横です。

キャッチコピーは「この夏に、同じ夢を見せてくれてありがとう。」

 

正直言うと、最初見たときは「おやっ?」と思ったんです。

コピーの下には制服姿の汐谷友希さん。球児が汗かいて白球を追って、それを陰で支える(同じ夢を見る)女子生徒。漫画「タッチ」の構造ですが、やや古いのかなと。

 

もちろん、マネージャーやブラスバンド部員を含め、いろんな女子生徒がいるでしょう。誰かの夢を追いかけるのは自由ですし、応援する姿はむしろ美しいとさえ思います。

ただ、ポカリスエットが、いまの時代にそれを発信するのかという意外さです。

 

でも、そうじゃないんですね。コロナで一度はなくなったけど、例年と同じようにはいかないけど、なんとか球児たちに甲子園の土を踏ませてあげたい。そんな思いから実現した交流試合。

だから「(コロナで大変な)この夏に(いつもと)同じ夢を見せてくれてありがとう」。この意味合いが強いのかなと。今朝はこんなメッセージが↓

 

 

試合だからみんなが勝つのはむずかしいけど、コロナに翻弄された球児たちの心中を思えば、そう願う気持ちもわかります。

どうやらシリーズ広告のようなので、まだしばらく続きそうです。注目しましょう。

 

そうそう、開会式を観たんですが、偉い方の挨拶がよかった。

“ありがとう”の反対語を知っていますか?それは、“あたりまえ”です。」たしかに、交流試合開催のために、たくさんの人が骨を折ったことでしょう。関係者や親御さんへの感謝の気持ちを忘れずに。

 

休みが短い夏、お盆に帰省できない夏。熱いのにマスクを着ける夏、この先どうなるかまったく予断を許さない夏。

2020年は、大人も子供も、なにもかもがいつもとは違う夏です。

 

 

ポカリスエット
¥1,080 (2020/09/21 21:28:48時点 Amazon調べ-詳細)
ポカリスエット
¥3,976 (2020/09/21 12:52:54時点 Amazon調べ-詳細)