Q&A|30歳未経験、コピーライター・映像プランナー志望。何から始めればいいのかわかりません…
Q. 質問

30歳未経験、コピーライター・映像プランナー志望。何から始めればいいのかわかりません…

 

毎日サイトを拝見させていただいております。現在30歳、業務未経験で、コピーライターゆくゆくは映像プランナーを目指しているものです。

広告業界の経験といっても、CM制作会社でPM、求人広告会社で制作業務を多少かじった程度です。こんな浅い経歴で目指すにあたり、まず何から始めればいいのか整理できない状況に陥っています。

 

  • 広告代理店で営業から転局・転職を目指す?(異業種での営業経験すらない)
  • 広告代理店で営業以外の職種から転局・転職を目指す?(そもそもそんなこと可能なの?営業以外だど、応募資格すら得られないのでは?)
  • 派遣もしくはアルバイトでコピーライターを探す?(この先ずっとアルバイト・派遣になっちゃうかもよ?)
  • 仕事は何でも良いので、公募での受賞を目指す?(もう30歳なのに、広告業界経験を積むことを優先すべきでは?)

 

など、色々な疑問や不安に襲われて、何が正しいルートなのか、何を優先すれば良いのか・・・考えがぼんやりとして定まりません。このような私に、何か助言をいただけないでしょうか?

(doer さん)

A. 回答

質問ありがとうございます(毎日読んでもらってるとのこと、励みになります)。質問文から、切迫感が伝わってきました。さっそく、お答えします。

まず、30歳からの転職は決して早くはないですが、遅すぎることもありません。動き方次第で十分、コピーライター・映像プランナーを目指せます。

さらに、かじった程度とはいえ、制作を経験しているとのこと。自身の状況もしっかりと把握されているので、見通しは明るいと思います。

30代からでも、コピーライターになるチャンスはあるか!?

 

ただ、一刻も早く動き出しましょう。30代でも十分転職可能ですが、可能性が年々低くなることは、否めません。

しかも、採用はあくまでスタート地点。そこから、数年~数十年とキャリアを積んで、一人前の広告・Webクリエイターにならなければいけません。

そのためにも、できるだけ“最短ルート”を走りましょう。それはズバリ、広告制作会社(広告プロダクション)への入社を目指すことです。

未経験からコピーライターになりたいなら、広告制作会社がおすすめ!

 

可能性がゼロとは言いませんが、今から広告代理店(大手でなかったとしても)への転職はさらにハードルが上がります。

その点、広告制作会社は、中途入社が前提の会社も多いですから、採用される可能性はグッと上がります。そもそも、求人数も多いです。

もし、代理店にこだわるなら、制作会社で数年キャリアを積んだ後に転職を検討しましょう。かなり駆け足で成長することが求められますが、可能性はあります。

広告代理店、広告制作会社、メーカー、コピーライターの主な就職先はどこ?

 

では、その広告制作会社の求人はどこで見つけるか?それは、転職エージェントです。転職のプロであるコンサルタントが、あなたのキャリアや希望に合った求人を紹介してくれます。

応募書類の添削&面接のアドバイス、求人企業との日程調整や条件交渉までしくれてます(プロスポーツ選手が契約する際の“代理人”のようなイメージです)。

至れり尽くせりの転職支援サービスですが、利用はすべて無料です。費用は採用が決定した場合に、求人企業側が支払う仕組みです。

 

「それなら、希望に合わない求人も勧められるんじゃ…」と思うかもしれませんが、仮にそう感じたらスルーすればいいだけです。判断するのは、あなたですから。

もちろん、コンサルタントとの相性もありますから、複数のエージェントに登録しましょう。ある程度キャリアのある社会人の多くは、そうやって転職しています。

正直、エージェントを使わない手はありません。メールアアドレスや希望条件を記載して登録すれば、後日コンサルタントから連絡があります。おすすめはこちら↓

 

 

と同時に、自分でも求人を探しましょう。

タイミングにもよりますが、手持ちの求人で未経験者にちょうどいいものがない場合、コンサルタントも紹介しようがありません。

なので、転職エージェントに登録しつつ、転職サイトでも求人を探します。こちらは、自分で求人を見つけて、直接会社に応募します。おすすめはこちら↓

 

派遣やアルバイトも選択肢としては十分ありです。特に派遣には、正社員登用を前提とした「紹介予定派遣」の求人もあります。

が、30歳であること、今後長期的なキャリア形成を考えている点を踏まえると、まずは前述の正社員への転職を優先するべきでしょう。

求人を紹介してもらえない、選考で落とされる。そんな状態が続くようであれば、派遣も視野に入れましょう(もちろん同時進行でもOKです)。おすすめはこちら↓

コピーライターを目指して、派遣でライティング経験を積むという選択

 

誰にとってもそうですが、特に今のdoerさんにとって時間は貴重です。焦る必要はありませんが、無駄なことをしている余裕もありません。

なので、プロを目指すことを決めたなら、「公募のコンテストで受賞すれば、選考に有利なるのでそれから…」という選択肢はありません。

同じ理由で、ゆくゆくは映像プランナーと思っているのであれば、もう映像系に飛び込んでみるのもありです。広告制作会社でも、映像を扱っているところを狙ってみましょう。

迷っている時間はもったいない、コピーライターへの一歩を踏み出そう!

 

矛盾するようですが、コピーライターや映像プランナー職で探して上手くいかないようなら、職種をスライドさせましょう。

ライター、アシスタント、なんでもいいです。とにかくクリエイティブの世界に飛び込むことが大事です。多かれ少なかれ、駆け出しの頃は何でもやります。

飛び込めば、キャリアがスタートします。次に転職する際の選択肢も確実に増えます。ぜひ、35歳で一人前になりましょう。応援してます。

似ているようだけど、実際どうなの?コピーライターとライターの違い

コピーライターの一歩手前!広告制作アシスタントという仕事

Webも視野に入れれば、書くことを仕事にするチャンスは確実に増える

 

もし、未読でしたら下記のQ&Aもぜひ。大学生向けの内容ですが、未経験からの転職であれば共通点も多いです。こちらは、転職活動を進めながらコツコツやるイメージで。

Q&A|コピーライターになりたい大学生です。就活に向けて何をやるべきですか?

 

> 他のQ&Aも見てみる

あなたの疑問・質問にお答えします!

 

この記事が気に入ったら