Q. 質問

もうすぐ30になる歳ですが、完全未経験でもコピーライターになれるでしょうか?

(金のゆで卵 さん)

A. 回答

質問ありがとうございます。「30歳でもなれるか?」似たような声を結構聞くんで、ちょうどボーダーというか、気になるラインなんだと思います。

結論から言えば、なれます。「夢を諦めなければ…」とかそんな話ではなく、ある程度の素養と熱意があって、正しいアプローチをすれば、確実になれます。

このあたりのことは、下記の記事に書いているのと、近い質問にも答えていますので、ぜひ参考にしてください。

 

今日は少し視点を変えて、「30歳未経験で、こんな風に動いたらコピーライターにはなれない」というのをいくつか書いてみます。

 

① 「なれたらいいな」くらいの気持ちで、転職活動する。

今の日本がいくら売り手市場だといっても、やはり「30歳、完全未経験でコピーライターを目指す」というのは、ハンデであることに変わりはありません。

前述の記事でも書いてますが、20代で活きがよく、扱いやすく、教えたことを吸収しやすい若手からの応募はいくらでもあります。

 

そんな状況で、あまり熱意がなく、志望動機もあいまいで、入社後もがむしゃらに頑張ってくれそうにない30歳を採用する理由はどこにもありません。

「絶対なる、20歳の若者が10年で一人前になるなら、半分の5年でなる。」くらいの覚悟で臨みましょう。「絶対になれると信じて、でも背水の陣で」がポイントです。

 関連  志望動機には二つある!なぜコピーライターか?なぜその会社か?

 

② 最初から「正社員、広告のコピーライター」にこだわる。

金のゆで卵さんの希望はわかりませんが、多くの方が目指すのが「広告(アド)のコピーライター、しかも正社員」だと思います。

それが間違いなわけじゃありません。いわゆる商品のキャッチコピーを書いて、CMのプランニングをして、企業のコーポレートメッセージを書いて、というなら狙うべきはそこです。

正社員も、給与水準や雇用の安定を考えれば、妥当な選択です。まずは、そこを狙いましょう。地域やタイミングによりますが、実際にそんな求人はあります。

 関連  【未経験歓迎】コピーライター/ライターの求人

 

でも、求人が見つからない、選考で落とされ続けるなら、視野を広げましょう。求人広告ライター、Webライター、セールスライター、コピーを書く仕事はたくさんあります。

すぐにライターが難しいなら、アシスタントでもいい。半年や1年なら、派遣やアルバイトでとにかく書く経験を積むというのもありです。

 関連  Webも視野に入れれば、書くことを仕事にするチャンスは確実に増える

 関連  コピーライターの一歩手前!広告制作アシスタントという仕事

 

そこで“書いて稼ぐ”という経験を積めば、次の転職で選択肢が増えます。勤めながら、希望通りのコピーライター求人が出るのを待ちましょう。

一番まずいのは、すぐに希望通りの求人がないからといって、足踏みしてしまうことです。まずは、どんなカタチでも業界に飛び込むことを優先してみてください。

 関連  コピーライターを目指して、派遣でライティング経験を積むという選択

 

③ 数回のトライで諦めてしまう。

これは30歳に限らずですが、転職活動に不採用は付き物です。採用人数が一人だとして、50人応募があれば、49人は不採用です。

不採用はあなたの人格が否定されたわけでもなんでもありません。「うちの会社とは合わなかった。ほしいスキルを身に付けた人材じゃなかった」というだけです。

何度でもトライしましょう。視野を広げれば、求人は溢れています。不採用は、失敗ではありません。仮に失敗と捉えたとしても、失敗のない成功なんてありません。

 関連  コピーライターの転職で成功するコツは、早いうちに失敗を経験すること

 

ただし、一点気を付けるべきは、「闇雲に打っても当たらない」ということです。やはり、自分の考えにマッチするとこと、フィーリングでいいなと思うところに注力しましょう。

いろんな転職サイトや求人を見てみて、まずは目安として3~5社程度にアプローチしましょう。それでダメなら、また選んで繰り返す(②の「視野を広げる」を忘れずに)。トライあるのみです。

 関連  企業が求める人物像に、ある程度“寄せていく”ことは転職の基本

 

④ これまでのキャリアや経験を活かそうとしない。

これも、金の卵さんの経歴がわからないのでなんとも言えませんが、何かしらコピーライターにつながりそうな経験はないでしょうか?

営業や販売なら、コミュニケーション能力が活かせます。事務職なら、段取りを組んでコツコツ丁寧に進められること。資料作成をしていたなら、企画書づくりに活かせます。

公募の賞やコンテストに応募した経験はないですか?サークルのチラシを作ったことは?コピーライターの本を読んで、感じたことや考えたことは?

 関連  コピーライターへのパスポート!?アマチュアでも応募できる広告賞

 

応募者にとっては「こんなことがアピールになるかな…」ということが、採用担当者にフックするということはよくあります。

これまでを振り返って、キャリアの棚卸しをしましょう。コピーライターを目指そうとするあなたには、きっとこれまでの人生で、業務に活かせそうな経験があるはずです。

 関連  コピーライターは遊びの経験が活きるが、社会人経験はもっと活きる

 

⑤ 今すぐ、動き出さない。

最後は、これです。①とも関係していますが、これを読んだ後すぐ転職サイトを見てみたり、登録あるいは応募したりする人はなれる可能性が高いです。

「思い立ったが吉日」とはよく言ったもので、未経験からの転職は、常に“今”がベストのタイミングです。焦る必要はありませんが、躊躇している余裕もないはずです。

 関連  迷っている時間はもったいない、コピーライターへの一歩を踏み出そう!

 

「ほんとになれるかな…」とモヤモヤしている間にも、時間は過ぎていきます。金のゆで卵さんはまだ20代、中には「~29歳まで」と線を引く企業もありますから、急ぎましょう。

30代未経験でも、アプローチ次第で十分コピーライターになれます。ただ、30歳から40歳にかけて、だんだん可能性が低くなっていくことは否めません。

最近よく思うんですが、100人がコピーライターという仕事に興味を持ったとして、実際になるのは2~3人でしょう。それは難易度ではなく、本気度による。そう思います。

 関連  応募や面接で、コピーライターになりたい!という情熱に勝るものはない

 

いかがでしたか?ちょっと、詳しい状況がわからないので、ありがちなケースを挙げてみましたが、きっとどれかは参考になると思います。

ぜひ、今すぐ行動して、今年中には新天地でクリエイターとしてのキャリアをスタートさせましょう。動き出すと、案外コロコロっといい方向へ進んでいくものです。

まずは、一つ求人に応募してみましょう。転職エージェントに登録してみましょう。小さな一歩をかるくでも踏み出すことが転職成功のカギです。応援してます。

 関連  コピーライター/ライターの新着求人情報

 関連  全国のコピーライター/ライター求人を扱う転職サイト

 

> 他のQ&Aも見てみる

あなたの疑問・質問にお答えします!

 

この記事が気に入ったら