転職サイトを上手に活用して、コピーライターの仕事を引き寄せよう!

 

みなさん、転職サイトを活用してますか?転職サイトは、求人情報が載っているだけではありません。求職者に役立つ情報やサービスが満載です。

しかも無料で利用できる上に、かなり求職者に寄り添った内容です。理由は簡単、運営する人材会社は、よりたくさんの求職者に応募してほしいからです(笑)

 

無料のサービスを使い倒そう

「なんだビジネスか…」と思うでしょうか?まぁ、そう言ってしまえば身も蓋もないですが、コピーライターの求人の多くは、転職サイトに載っています(ハローワークには、ほとんどありません)。

各社がビジネスで競い合っているということは、求職者にとって好都合です。競い合えば、それだけサービスが充実するわけですから。

 

逆手にとるじゃないですが、こういった無料のサービスは使い倒したほうがいいです。転職サイトを上手に使った方が、転職を制するといってもいいくらいです。

「登録したら、いろいろメールが届きそう…」という方もいますが、設定でいくらでも制限できます。それに、情報収集は転職成功の重要なカギです。

あなたの希望条件(勤務地、職種、給与など)を登録しておけば、条件に合った求人が掲載された際に、メールで知らせてくれるサービスもあります。

 関連  コピーライターの求人を見つけたら、早く応募したほうがいい理由

 

スカウトを利用しない手はない

中でも特におすすめなのが、スカウト機能です。そう、プロスポーツやモデルの世界でよく聞く、あの“スカウト”です。

転職サイトの場合は、あなたのプロフィールや履歴書に目を通した企業から(氏名などの個人情報は伏せられます)、面接の打診があります。「あなたに興味があるので、一度会って話がしたい」というわけです。

 

こちらからではなく、企業から「応募してみませんか?」と声をかけてくれるのです。当然、あなたに興味があるわけですから、採用される可能性は高くなります。

スカウトが届く=採用ではありませんが、転職活動を優位に進められることは間違いありません。もちろん、企業や仕事内容に魅力を感じなければ、スルーすることもできます。

スカウトを受けるコツは、プロフィールや履歴書を充実させて、企業に興味を持ってもらうことです。応募するとなれば、詳細に書くわけですから、ここは手を抜かずに書きましょう。

 関連  なぜ、書類選考で落とされるのか?応募書類の4つのNG

 参考  今すぐスカウトを活用するなら、まずは「リクナビNEXT」

 

まとめ

転職サイトの無料のサービスを使い倒そう、特にスカウトを利用しない手はないという話でした。

転職は孤独な戦いであると同時に、情報戦です。

だからこそ、積極的にプロのサポートを受けましょう。求人の存在を知らなければ、またあなたの存在を企業に知らせなければ、絶対に採用されることはありません。

 

おすすめ関連記事

企業が求める人物像に、ある程度“寄せていく”ことは必要

コピーライターの求人や面接でわかる!NGな会社の見分け方

食わず嫌いはコピーライターの敵!若いうちは、何でも一回試してみよう

 

この記事が気に入ったら