あなたには得意技がありますか?必殺技でもいいです(笑)

今までたくさんのクリエイターを見て来ましたが、早いうちに芽が出る人は、何かしらの得意技を持っていることが多いです

コピーライターなどのクリエイターに限らず、一般の会社でも同じことが言えるはずです。どういうことか、見ていきましょう。

 

得意技には、どんなものが?

例を挙げたほうがわかりやすいので、いくつか紹介しますね。あなたの職場の仕事と照らし合わせてみてください。

 

① イラストが描ける

堅苦しい企画書や資料も、ちょっとした図版やイラストが添えられているだけで、イメージが湧きやすく、わかりやすくなります。

企画やクリエイティブは言葉も大事ですが、ビジュアルももちろん大事。人は見た目が9割』って本もありましたね。それだけ、印象の力は大きいってことです。

趣味で絵を描いている、LINEのスタンプを作ってるって方は、伝言メモなどにさりげなくイラストを添えて、普段からアピールしましょう。

類似技:字がきれい、写真撮影が上手い

→ コピーとデザイン、広告やWebで本当に重要なのはどっち?

 

② SNSに詳しい

これはイメージしやすいですよね。取引先にヒアリングに行く。どうやらTwitterやInstagramを使ったプロモーションに力を入れたいらしい。

でも、おじさん上司はイマイチその辺に詳しくない(というか、そもそもやってない)。そこで、SNSに詳しそうな若手を連れて行く。

もしあなたが、多くのフォロワーを抱えて、影響力も大きいインフルエンサーだったら?そこまでではなくても、ノウハウには結構な価値があります。

類似技:最新のビジネスツールに詳しい

→ コピーライターは、流行に敏感でなくてはいけないか?

 

③ タレント性がある

ちょっと抽象的ですが、間違いなくこれもあります。思い浮かべてください。その人がいるだけで、なんだか場が和む。バカなアイデアでも、とりあえず口にして盛り上げる。

もっとわかりやすいのは、美男美女。ビジネスにそんなの関係ないだろうって?

フォトジェニックゆえに、なんとなく許される、自然と周りが助けてくれるなんてケースはゴロゴロありますよ。あとは、会社のWebサイトのモデルになったり、求人原稿の社員紹介に呼ばれたり。

他にも、声がいいから動画の仮ナレーションを吹き込むとかもありますね。

類似技:話が上手い、おもしろい

→ プレゼンが上手くなるコツ!発表が苦手な人の3つの特徴

 

大手・上場企業のコピーライター求人

派遣 コピーライター/ライターの仕事

チャンスが回ってきやすい

 

つまり何が言いたいかというと、結構いろんなことがあなたの強みになるってことです。

「わたしなんて、たいした取り柄ないし…」とネガテイブに考えるのは簡単ですが、それでは未来がありません。せっかくビジネスという大海原で戦うんです、あなたならではの強みに目を向けましょう。

→ あなたは何を強みにする?コピーライターには、人それぞれ色がある

 

目指せ「◯◯と言えば、◯◯さん」です。そのジャンルで第一想起されれば、仕事のチャンスが広がります。そこを足場に、また得意な領域を広げられますからね。

世界や日本ならいざ知らず、社内で第一想起ならそんなに難しくはないですよ。あなたが自分の得意技に気付いて、ちゃんとアピールできるかがポイントです。

滅多にないですが、会社の業績が傾いたときのリストラ候補にもなりにくいです。存在価値があるってことですから。もちろん、給与も上がりやすいでしょう。重宝されるとは、そういうことです。

→ コピーライターの年収は!?一気に上がるタイミングが3度ある

 

ちなみにその得意技は、いつか転職する際にそのままアピールポイントになります。会社依存のスキルじゃないから、あなた自身がずっと持ち運べるわけです。

もちろん転職だけでなく、独立する際にも強みになることは言うまでもありません。さて、あなたの得意技はなんでしょう?ここに挙げた以外にも、いくらでもあるはずですよ。

→ わたしはこうしてきた!転職するべきかどうか、迷ったときの判断基準

 

コピーライターの新着求人

経験者向けコピーライター求人

まとめ

「◯◯なら、あいつだ!」と言われるような、社内タレントを目指そうという話でした。

ただ間違えちゃいけないのは、得意技だけ伸ばしてもダメってことです。よく「苦手なことは切り捨てて、得意なことを伸ばそう」と言いますね。たしかに一理ありますが、仕事は受験じゃないですからね。

しっかりと基礎的なスキルは磨きつつ、得意技も伸ばしましょう。ある程度キャリアを積んだコピーライターが「コピーは下手だけど、イラストは上手い」では、話になりません。

 

おすすめ関連記事

若いうちに絶対に身に付けておきたい、仕事におけるスピード感とは?

食わず嫌いはコピーライターの敵!若いうちは、何でも一回試してみよう

駆け出しのコピーライターへ、会議で発言できないときのアドバイス

 

仕事をお探しの方はこちら

チャンスをつかもう!【未経験歓迎】コピーライターの新着求人 7/22更新!

次のステージへ【経験者向け】コピーライターの新着求人 7/19更新!

高時給!未経験歓迎も【派遣】コピーライターの新着求人 7/20更新!

 

\「転職かな…」と思ったら /

プロのサポートが無料で受けられる、転職エージェントを活用しよう!

コピーライターの求人が充実!広告・Web業界に強い、5つの転職エージェント

 

 

「なるほど」「いいね」
と思ったら↓

Twitter で

 

最新のトピック

Q&A|マナー広告のコピーを書きたいのですが、どんな入口からキャリアを積むべきでしょうか?|初めて投稿します。お気に入り登録をして、いつも…つづきを読む

> コラム一覧へ

クリエイティブ専門の転職支援!マスメディアン

マスメディアン

広告・Web業界に特化した転職エージェントです(「宣伝会議賞」を主催する宣伝会議が運営)。

最大の特長は、キャリアコンサルタントが転職活動をサポートしてくれること。応募書類の書き方から、ポートフォリオ(作品集)の作り方まで、プロのアドバイスが無料で受けられます。

社会人の転職には欠かせない!DODA

DODA

非公開求人の豊富さ(全体の80~90%)が特長。「非公開求人にこそ、あなたのキャリアにベストマッチの求人が見つかるかも」と謳うほどです。

サービスの利用は、すべて無料。キャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当、2人の転職のプロから内容の濃いサポートが受けられます。

求人・サービスともに質が高い!マイナビクリエイター

マイナビクリエイター

マスコミに強いマイナビが運営する、経験者を対象にした転職エージェント。他ではまず見かけない求人が出ているので、非公開求人にも期待できます。

クリエイター出身のキャリアアドバイザーだからできる、きめ細やかなフォロー(無料)。求人保有数も業界トップクラスです。