僕と彼女だけが知っている、世界の秘密についての物語。新海誠監督、映画『天気の子』

昨夜は『君の名は。』のテレビ放送がありました。新聞広告が注目を集めたり、スポンサーの企業ロゴが入れ替わったり、SNSでも話題になってましたね。

公開から3年、地上波放送も2回目ですがこの注目ぶり。ジブリ作品と並ぶ、国民的アニメと言っても過言ではないでしょう。さて、新海誠監督の最新作『天気の子』ですが…

 

新海誠監督、最新作のテーマは「天気」

    うちのツイートがこちら↓

    いいですね、なんだかキャッチコピーを読むだけでワクワクします。そんな秘密を、たった1,800円で教えてくれるんですよ。しかも、おそらくもれなく心ときめくという。

     

    ティザーの予告編(これも公式サイトでは「予報」と呼んでいます。こういうちょっとした言葉遣いもいいですね)を押さえておきましょう。

    テーマソングはRADWIMPSの『愛にできることはまだあるかい』。ストレートなタイトル、野田洋次郎さんの伸びやかな歌声が印象的です。

     

    実はもう一つ、“予報”がリリースされていています。わたしはあまり予備知識を入れずに観たいんで未見ですが、そんなの気にしないって方はどうぞ↓

     

    各企業とのコラボCMも話題に

    昨夜の放送では、各スポンサー企業とのタイアップCMも話題になってました。

     

    完全にわたしの想像ですが、映画製作がアップした後に、スタジオの若手アニメーターの方が作ってるんでしょう。

    心なしか、作画も各CMごとに微妙に違う気がします。これもまた味ですね。さて、そんな中でことばと広告社が注目したいのは、やっぱりバイトル↓

    そう、進むべき道なんて飛び込まなきゃ、絶対に見つかりません。青春はいつだって手探りです。若手アニメーターの方も、共感しながら作ったんじゃないでしょうか。

     関連  【アルバイト】コピーライター/ライターの求人

     

    まとめ

    というわけで、僕と彼女だけが知っている、世界の秘密についての物語。新海誠監督、映画『天気の子』でした。

    新海監督作品は『秒速5センチメートル』から『言の葉の庭』まで、だいたい観ました。『君の名は。』では、監督は今後この作品と戦っていくのか…と思ったもんです。

    きっと宮崎駿監督も、ラピュタ、もののけ姫、千と千尋と自身の作品への最大級の評価を常に更新してきたはず。映画『天気の子』、7月19日(金)の公開が楽しみです。

     

    こんな記事も読まれています