今日はこんな本をご紹介、2021年の直木賞受賞作『心淋し川』

 

 

誰の心にも淀みはある。でも、それが、人ってもんでね。

なるほどね。人間長いことやってりゃ、淀みの一つや二つあって当たり前。そんな澄み切った川に住んでる人なんていません。

 

『心淋し川』と書いて、うらさびしがわ。つまるところ人はみんな一人淋しく、でも切なる願いを抱えて懸命に生きている。

生きる喜びと哀しみが織りなす、渾身の時代小説。ここに。

 

¥1,584 (2022/11/29 02:33:52時点 Amazon調べ-詳細)