コピーライターは、“相手を喜ばせよう”というサービス精神が大事

 

あなたは、誰かを喜ばせるのが好きですか?笑わせる、楽しませる、感動させることに、快感を感じたことはありますか?

心当たりのある方は、いいコピーライターになる素養があります。なぜなら、わたしが知っている優秀なクリエイターは、みんなこのサービス精神を持っているからです。

 

喜んでもらうことこそが価値

広告やWeb制作はサービス業です。広告を出すクライアントがいて、クライアントが制作物を気に入って(成果を上げることを含めて)、初めてビジネスが成立します。

コピーライターは書くことで報酬をもらいますが、その点で作家とは違うわけです。これは、コピーライターという仕事を理解する上で重要なポイントです。

これがコピーライターの仕事、一本のコピーはこうして生まれる

 

サービス業の本質は、お客様のために心を込めて、誠心誠意尽くすことです。相手に喜んでもらうことを、自分の喜びにするということです。

アルバイトでもボランティアでもいいですが、この経験がある人、この考え方にコミットできる人は、選考で一歩リードしていると言えます。

高い報酬?業界での評価?コピーライターにとって、一番の喜びとは何か

 

逆に言えば、「自分の好きなものを書きたいんだ!」という人は(さすがに、そんな人はいないと思いますが)、選考で苦戦することになります。

極端に言えば、書きたいことを書くのではなく、商品を売るために、サービスを普及させるために、書くべきことを書くのがコピーライターです。

コピーにはあなたが出る!でも、コピーはあなたを表現する場ではない

 

クリエイターもビジネス感覚が大事

なんだか、窮屈そうだなと思いますか?もっとのびのびと、思うままに書きたいでしょうか?気持ちはわかりますが、それがコピーライティングというビジネスです。

ちなみに、小説家や脚本家など、アーティスト寄りとされる人たちも、書きたいことだけを書いているわけではないと思います(あくまで想像ですが)。

なぜなら、読書や視聴者が求めることに応えないと、売れませんからね。本当に書きたいことだけを書いている人は、たまたまニーズに合致しているのでしょう。

 

冒頭に書きましたが、優れたクリエイターはほんとにサービス精神に溢れています。というか、本人は本能でやっているだけで、そんな意識さえないように見えます。

メインの案に、派生した案も添えて提案しよう。まじめ路線だけじゃなく、クスッと笑える案も混ぜておこう。資料にイラストも添えたら、楽しんでもらえるかも。

まさに、相手を思う想像力ですね。もちろん、この点は選考でも見られます。応募書類やポートフォリオ(作品集)は、読み手の気持ちを思って、心を込めて作りましょう。

コピーライターにとって、一番大切な能力は「想像力」だと思う

コピーライターもポートフォリオ(作品集)を作って、選考を一歩リードしよう!

 

まとめ

コピーライターは喜んでもらうことこそが価値、クリエイターもビジネス感覚が大事という話でした。

消費者やユーザーに目を向けることは、当たり前に重要です。彼らがメッセージの受け手ですから。ですが、クライアントを見ることも同じくらい重要です。

なぜなら、広告費を出すのはクライアントですから。ここを正しく捉えられるかが、プロとして一つの壁になります。

 

おすすめ関連記事

コピーライターの応募や面接の最大の対策は、幹となる考えを持つこと

なぜ、書類選考で落とされるのか?応募書類の4つのNG

情熱をわかりやすく伝えるには、“自分の企画書”を作ろう!

 

この記事が気に入ったら