今日は、最近気になったCMの話です。「お前、CM好きだなー」と思われるかもしれませんね。はい、わたしは映像が好きです(笑)

でも、CMのストーリーやセリフって、コピーライターが考えることが多いんですよ。そこから、CMプランナーになる方もたくさんいます(ちなみに、わたしも映像を作ってました)。

→ これは楽しかった!コピーライターとして思い出に残る仕事ベスト3

 

「アイデア一発」を、鮮やかに決めたナイキ

まず1本目はナイキ。ランニングをテーマにしたブランディング広告です。

 

クールですよね。野暮を承知で解説すると「地球の自転が止まったんで、みんなで走って自転を取り戻そうぜ!」ってことです。

何度か観て気付いたんですが、この映像には字幕がありません。最後に「さあ、いっしょに走り出そう。」のメッセージが出るだけ。おそらく、各国バージョンが存在するんでしょう。

 

字幕がなくても、十分伝わりますもんね。オチの「逆やったんかーい」が多少わかりにくいかもしれませんが(いや、わかるけど)、ややこしい箇所はありません。

メッセージはシンプルに「みんな、走ろうよ」。多少深読みすれば「みんなで気持ちを一つにすれば、できないことなんてないんじゃない?世界平和だよ、ピース!」です。

 

そんな香りは漂いますが、CMでは一切語りません。語れば語るほど、つまらなくなるから。もちろん、ナイキという確固たるブランドだからできるコミュニケーションでしょう。

ちなみに、ヘリから登場するのは元NBAのスタープレイヤー、コービー・ブライアント。主人公の女性は、誰でしょう?著名なアスリートじゃないかと思うんですが…

 

ブランディングの王者、アップルが放つ一言

2本目はアップル。iPad ProのCMです。こちらは、昨年からガンガン流れてますよね。

 

おう、クール。クールとはアップルのためにあるんじゃないか(言い過ぎました)。でも、そう言いたくなるほどカッコイイです。

またまた野暮にも解説すると、隣の家のおばちゃんが尋ねます「コンピュータで何してるの?」女の子は答えます「コンピュータって何?(What’s a computer?)」

 

もう彼女からしたら、iPadはiPadであって、きっと赤ちゃんの頃から遊んでいて、いっしょにいて当たり前の存在なんですね。もはや、コンピュータですらないと。

続けてこんなセリフが聴こえてきそうです。「あっ、これ?コンピュータじゃなくてiPadだよ(てか、何してるも何も、息してるのと同じなんだけど)」

 

わたしは、アップル信者じゃないですが、最高にクールです。言わないけど、言っている。ここでわざわざ語ってるのが、バカに思えるくらいです。

これが、いい意味でライバルを(場合によってはユーザーをも)置き去りにするクリエイティブです。「もう、ボヤボヤしてると置いてくよ」「ついてこれるもんなら、ついてきな」と言わんばかりに。

また語ってしまいました。ブログではある程度仕方ないですが、広告クリエイティブは今日紹介した2本のように、多くを語らずユーザーに感じさせたいもんです。

 

まとめ

いい広告クリエイティブは、多くを語らずにハートを射抜くという話でした。

書き手はどうしても、いろいろ語りたくなるんです。不安だから。たしかにちゃんと説明しないと伝わらないこともありますが、広告は基本的に引き算で作りましょう。

 

おすすめ関連記事

2017年のベストCM、ゼクシィのコピーが秀逸だった3つの理由

言葉やストーリーに力がある!前に進む勇気をくれる5本のCM

あなたも知らないうちについているかも!?広告コピーには、3つの嘘がある

 

「いいね!」で
最新情報をお届けします