Q

CM表現はどこまでOK?視聴者が不快に思わないラインはどこですか?

CM(地方のラジオCMを想定)で流せるものについてです。ラジオCMだと

  • 「金鳥少年」のような、一瞬エッと想わせるような際どいネタ
  • カツアゲする人など、犯罪行為する人が登場するCM
  • 「ストレートな口説き文句」を連発して、聴いている人の心をガサつかせるCM

などが実際に放映されてます。クライアントの意向にもよるとは思いますが、どこまでがOKなのか?聴いている人が不快にならない線はどこなのかを知りたいです。

(シゲルーティン さん)

A

シゲルーティンさん、ご質問ありがとうございます。

CM表現の基準についてですね。わたしも代理店にいたわけではないので、そこまで詳しくないですが、わかる範囲でお答えします。

 

まず、どこまでがOKなのか?

これは、各放送局の考査(放送内容を審査する部署)のチェックをパスしたものがOKということになります。

考査は民放連(日本民間放送連盟)の放送基準と照らし合わせて確認します。注意点やNG表現が記されているので、ぜひ読んでみてください。

もちろん、その前にはクライアントOKがあります。つまり、世に出ているCMはどれも、一定の基準をクリアしているわけです。

 

でも、ご存知の通り、CMは度々炎上します。

瞬間的な認知を上げるためにあえて炎上を狙う手法もあるでしょうが、やはり長い目で見れば企業イメージが下がるなど、デメリットのほうが多いでしょう。

クレームが殺到すれば、せっかく広告費をかけて作ったCMを、オフィシャルには配信できなくなるわけですから。

 

では、視聴者が不快に思わない線はどこか?

これは難しいですね。それこそコモンセンス(常識、良識)の積み重ね、論文が一つ書けそうなほど大きなテーマで、わたしの手には余ります。

ちなみに、昨年物議を醸したサントリー「頂」のCMも、事前に社内の広報部や関係各所でチェックしたそうです。

→ 消費者の”炎上ポリス化”時代:相次ぐ不適切CM騒動はどこへ向かうのか

 

炎上覚悟で攻めたのか、ギリギリセーフと判断したのかはわかりませんが、読みとしては甘かったということでしょう。

あまりに不寛容な世の中はどうかと思いますが、企業が社会の公器である以上、不快な思いをする人が多数いるなら、打ち切りにせざるを得ません。

 

対策としては、「一般的な感覚を磨く」「ちゃんと商品のことを言う」この点に尽きると思います。

たとえば、例に挙げてもらっている「金鳥少年」。いいCMですよね。宮本輝のような世界観が素敵です(まだの方は、ぜひ2016年から聴いてください)。

でもこれも、不快に思う人が一人もいないかと言ったら、おそらくそんなことはないでしょう。クレームだってあるかもしれません。

→ コピーライターにとって必要不可欠な、一般的な感覚とは?

 

でも、炎上はしませんね。やはり、ちゃんと商品のことを言っていて、かつ演出にも品があるからだとわたしは思います。

こんなストーリーである必然性、一種の文学性さえ感じさせます。最後で「~だよ、青少年!」と締めるエクスキューズ、中和させるテクニックも光ります。

 

前述の記事にも書かれていますが、「何を言うか」がしっかりしていれば、炎上覚悟でギリギリの勝負を仕掛けることもないはずです。

「差別化して、訴求できるポイントがない…」という商品もあるかもしれませんが、そここそがクリエイターの腕の見せどころ、工夫のしどころではないでしょうか。

→ コピーライティングは「どう言うか?」よりも、まず「何を言うか?」

> 他のQ&Aも見てみる

 

\ モヤモヤはスッキリしましたか?/

Q&Aでは、あなたの疑問・質問をお待ちしています。

コピーライター、広告・Web制作に関する疑問・質問を大募集!

 

 

仕事をお探しの方はこちら

チャンスをつかもう!【未経験歓迎】コピーライターの新着求人 7/22更新!

次のステージへ【経験者向け】コピーライターの新着求人 7/19更新!

高時給!未経験歓迎も【派遣】コピーライターの新着求人 7/20更新!

とにかく経験を積むなら【アルバイト】ライター系の新着求人(関東のみ)

 

「なるほど」「いいね」
と思ったら↓

Twitter で

 

最新のトピック

Q&A|マナー広告のコピーを書きたいのですが、どんな入口からキャリアを積むべきでしょうか?|初めて投稿します。お気に入り登録をして、いつも…つづきを読む

> コラム一覧へ

クリエイティブ専門の転職支援!マスメディアン

マスメディアン

広告・Web業界に特化した転職エージェントです(「宣伝会議賞」を主催する宣伝会議が運営)。

最大の特長は、キャリアコンサルタントが転職活動をサポートしてくれること。応募書類の書き方から、ポートフォリオ(作品集)の作り方まで、プロのアドバイスが無料で受けられます。

社会人の転職には欠かせない!DODA

DODA

非公開求人の豊富さ(全体の80~90%)が特長。「非公開求人にこそ、あなたのキャリアにベストマッチの求人が見つかるかも」と謳うほどです。

サービスの利用は、すべて無料。キャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当、2人の転職のプロから内容の濃いサポートが受けられます。

求人・サービスともに質が高い!マイナビクリエイター

マイナビクリエイター

マスコミに強いマイナビが運営する、経験者を対象にした転職エージェント。他ではまず見かけない求人が出ているので、非公開求人にも期待できます。

クリエイター出身のキャリアアドバイザーだからできる、きめ細やかなフォロー(無料)。求人保有数も業界トップクラスです。