今日は、Twitterでちょっと広まった広告のご紹介。新潮文庫の新聞広告です。

 

 

キャッチコピーは「不倫は、読むもの。差別は、読むもの。戦争は、読むもの。」

人の道に反したことは、行うものではなく、あくまでフィクションとして楽しむべきものですよと。明快なメッセージが刺さります。3点シリーズ、共通の受けコピーは「読むと、考える。」

 

¥649 (2021/07/31 11:10:27時点 Amazon調べ-詳細)
Shinchosha/Tsai Fong Books
¥825 (2021/07/31 12:05:20時点 Amazon調べ-詳細)
¥781 (2021/07/31 12:05:23時点 Amazon調べ-詳細)

 

こちら2017年度「朝日広告賞」の入賞作品で、受賞者は金紗愛さん、仕子千夏さん。広告主は新潮社、課題は「新しい読書体験の提案」となっています。

まぁ、人間の度し難さというか。それが人間というか。考えさせられた人、多かったようです。