Q. 質問

コピーライターの仕事って、書くことですよね?

A. 回答

もちろん、書くことは仕事の一つです。

が、デスクに向かって書いているのは(仕事内容にもよりますが)業務全体の1~2割程度です。多くの時間を「書く」前段階である「考える」に割いています。

クライアントからのオリエンを受けて、とりあえずペンを手に取って書いていると、仕事している気になります。ですが、そこから生まれるコピーは誰でも思いつくような、ペラペラの言葉でしかありません。

 

クライアントを知り、商品を知って(使って)、競合を分析して、ターゲットインサイトを深堀りして、商品やジャンルを取り巻く世の中の空気を感じて、やっとコピーを書く準備が整います。

そこから、「では、何を言うか?」を見つけて、「どう言うか?」をまた考えるわけです。コピーライターによっては、「最後の最後まで、コピーは書くな」という方もいるくらいです。

 関連  これがコピーライターの仕事、一本のコピーはこうして生まれる

 関連  コピーライティングは「どう言うか?」よりも、まず「何を言うか?」

 

> 他のQ&Aも見てみる

あなたの疑問・質問にお答えします!

 

この記事が気に入ったら