庵野秀明さん、言わずと知れた日本を代表するアニメーター・映像監督です。『新世紀エヴァンゲリオン』はもちろん、昨年公開された『シン・ゴジラ』も記憶に新しいですね。

さて今日は、そんな庵野さんが出演されている「Honda CIVIC」のCMの話です。今年の夏、大量投下されていたので観たことある方も多いでしょう。

 

庵野さんが、クリエイティブの核心を突く

まずは、CMをご覧ください。

 

ONE OK ROCKの出演も話題になりましたね。『Take what you want』の曲もかっこいいです。気分が高まります。

でも、わたしが注目して、頭から離れないメッセージはこちら↓

自分の外には自分の知らない感情が無数に存在し、まったく矛盾する幸福感を持つ人たちが、隣り合わせで生きているのだ。

 

いいですね。まさに広告クリエイティブ、コピーライティングの真実であり、醍醐味が語られています。

個人的には、メインキャッチの「Go, Vantage Point.」よりも胸に刺さりました。グラフィックで言えば、キャッチコピーよりもボディコピーに惹かれたという感じでしょうか。

 

ここが、駆け出しのコピーライターの壁

ここまで読んで「そりゃ、そうだろう」「何を当たり前のことを…」と思う方もいるでしょう。そう感じる方は、コピーライターに向いているかもしれません。

多くの人にとって、何十年とともに歩んできた自分の感覚をあてにせず、場合によっては疑ってかかるというのは、とてつもなく難しいことです。

→ コピーにはあなたが出る!でも、コピーはあなたを表現する場ではない

 

世の中には多種多様な考えがあって、自分が経験してきたこと、感じていることはほんの一部でしかない。

この事実を腹の底から理解して、納得して、それでもより多くの人に届くメッセージが書けるように、自分のフィルターを鍛える。

商品やサービスを前にして、できるだけまっさらな気持ちで、謙虚な気持ちで向き合えるかどうか。貪欲に情報収集しようと思えるか。これが、コピーライティングにおいて本当に大事なことなんです。

→ 謙虚な気持ちがなければ、一人前のコピーライターにはなれない

 

フィルターは鍛え続けなればいけませんが、一朝一夕にどうなるものではありません。でも、自分の能力を過信しない、経験に頼らないことは心の持ちよう一つで、かつ即効性があります。

自分の感覚はとても大事ですが、そこに固執してはいけないということです。ビギナーが陥りがちな落とし穴ですので、注意しましょう。

→ 駆け出しのコピーライターが、やってしまいがちな3つの間違い

 

まとめ

シビックのCM、庵野さんのメッセージから感じたことでした。

ちなみに、このメッセージが庵野さん自身によるものなのか。あるいはCMプランナー/コピーライターが書いたものかはわかりません。インタビューの中から、生まれたものをコピーライターが整えたのかもしれません(推測です)。

 

おすすめ関連記事

クセになる絶妙な演出!サイクロン式掃除機「風神」のCMがたまらない

言葉やストーリーに力がある!前に進む勇気をくれる5本のCM

ものづくりのドラマ『陸王』を観て、コピーライターとして思うこと

 

「いいね!」で
最新情報をお届けします