「コピーライターは、よく遊べ!」広告業界では、よく聞くセリフです。遊びが仕事に活きるってことですね。たしかに、そういうところはあります。

でも、遊びだけじゃありません。コピーライターにとっては、あらゆる経験が財産になります。

 

どんな経験も、活きてくる

世の中は、いろんな商品やサービスであふれています。コピーライターには、いつ、どんな広告コピーの依頼が来るかわかりません。

たとえば、恋愛を扱うことだってあります。普遍的なテーマで、多くの人にとっての関心事ですから。

そんなとき、もし恋愛の経験がなければ、共感を得るコピーを書くのは難しいでしょう。まさか、依頼が来てから恋愛するわけにいきませんからね。

 

片思いや失恋といった、辛い経験も活かせます。受験に失敗した経験は塾や予備校の広告に、病気やケガで入院した経験は、病院や看護学校の広告に活かせるでしょう。

一般的には失敗や挫折になる経験が、コピーを書くうえでは貴重な材料になります。

 

もちろん、コピーライターは経験していないことも、情報収集して書きます。また、経験だけに頼って書くのも危険です(人の考え方は、多かれ少なかれ偏っているものです)。

それでも、”体験している”ということは大きなアドバンテージになります。

これがコピーライターの仕事、一本のコピーはこうして生まれる

 

失敗を恐れるほうがリスク

20代やそこらの失敗なんて、たいていは小さな躓きです。もちろん、一時的には辛い思いをしますが、ほとんどのことは後で笑い話になります。

それよりも怖いことは、失敗を恐れてセーフティに生きることです。

慎重であることは、悪いことではありません。もちろん、いいほうに働くこともあります。でも、悔いのない人生を生きるには、大胆に動くことも必要です。

迷っている時間はもったいない、コピーライターへの一歩を踏み出そう!

 

もし、あなたが広告やWebの業界に入ることを迷っているなら、一度飛び込んでみることをおすすめします。

どんな業界でもそうですが、入ってみなければわからないことがたくさんあります(というか、断然そのほうが多いです)。

あなたが書く仕事に向いているかいないか。ある程度の適性はわかりますが、本当のところは、実際にやってみないとわかりません。

こんな人は向いている!コピーライター適性チェック

 

まとめ

コピーライターは、どんな経験も活かすことができる。失敗を恐れて動かないことのほうがリスクという話でした。

ジョギングに挑戦して、絵に描いたような三日坊主になったこと。はじめて、子供のおむつを替えたこと。親の介護について、兄弟と真剣に話し合ったこと。

そんな思いがけない経験が、コピーに活かせるものです。それが、コピーライターのおもしろさでもあります。

 

おすすめ関連記事

コピーライターの仕事とは何か?を教えてくれるエピソード

コピーライターは自分への投資を惜しまない、必ず成果として返ってくる

言葉やストーリーに力がある!前に進む勇気をくれる5本のCM

 

「いいね!」で
最新情報をお届けします