山陰中央新報が140周年だそうで、今朝こんな新聞広告が掲載されました。

 

 

誰よりも早く起きて、誰も起こさないようにする。

ああ、いいな。なかなか眠れなかった夜とか、新聞配達のバイク音が聞こえると「もう、そんな時間かー」って焦ったりね。でも、なるべく静かに走らせてくれてるんだ。

 

「仕事を終えて家路に着く。一日が始まる街を見て、一日が終わったといつも思うのである」新聞を配ることは、気を配ること。雨の日も風の日も、ありがとうございます。

素敵な広告の投稿主&コピーライターは、日下慶太さんです。

 

¥1,707 (2022/08/20 15:14:06時点 Amazon調べ-詳細)